タグ:狭小住宅 ( 17 ) タグの人気記事

7日目 家づくりマインドⅡ(あなたにとって良い家って?) WEB家づくりセミナー


50日連続投稿を決めた建築家の大塚です。

読んでくださる皆さんお役にたてる情報や経験などお伝えしたく始めた企画です。

生まれたときからほぼ100%家に住んでいる皆さんにとって、いい家とはどんな家でしょうか?
広いリビングがある、メンテナンスフリー、長持ちする、機能的、収納が多い、一年中快適、、、などと同時に
わくわくする、癒やされる、楽しめる、家族の絆が深まる、おしゃれな、安全な、、など感情を伴う幸福感を家にも期待されているはずです。
そういった全てのモノや感情を紙に書き出してみて下さい。
そしてそれらを短文で表すと欲している理想の住まいのコンセプトが浮き彫りになってくるはずです。


「家が人生においてどれだけ大切か」ということを考えることはとても重要です。


私には願望があります。それは日本中の住まいがもっともっと魅力的になって、沢山の人たちが素敵な家に身を委ね、豊かな人生を送ってほしいということです。
マンションやアパートでも同じです。豊かなマインドを育むのは空間だとさえ思います。

なぜこのようなブログを書き始めたかというと、20年以上培った設計経験、家づくりのコツや良い情報、良い家の条件などを明確にお伝えし考える場を提供することで、私が直接に設計しなくとも世の中にたくさんの幸せやワクワクが増えて欲しいからです。家や空間について興味のあるかた、同業社のかた、工務店のかた、建築学生など家に関わる皆さんに参考にしてもらい、日本中、世界中に素敵な空間が増えて幸せの数が増えることが私の幸せに繋がります。

私は中学2年生の時に自宅が火事になってしまいました。学校から自宅が燃える様子をみて上履きのまま走って帰りましたが、消防活動により水浸しとなったわずかに燃え残った我が家にロープが張られ立ち入り禁止となっていて愕然としました。残った物は学生カバンと学生服だけでした。
幸いにも家族と飼っていた犬は全員無事でした。

火事以来、わたしの「家」についての思考が始まりました。
そこにあって当り前の家を失って初めてその存在を知ったのです。

続きは明日に、、、

今日はあなたにとっていい家ってどんな家かを言葉にして書いて欲しいと思います。いろいろと気づきがあるだけですばらしい一日。大切に過ごしたいですね。

明日のお話は、、、

「家」はものではない   

です。

今日も読んでくれてありがとう。また明日もここでお会い出来たらうれしいです。

☆おかげ様で15周年☆
ノアノア空間工房
大塚泰子

*『小さな家のつくり方』第3刷、増刷決定!
大塚泰子著『小さな家のつくり方』(草思社)はAmazonでご購入できます。
↓↓↓

*無料相談やっております。
家のこと敷地のことなどお気軽にご相談ください。
ノアノア空間工房の無料相談はこちらから
↓↓↓

by noanoa_labo | 2018-10-28 22:55 | 小さな家を成功させる法則 | Comments(0)

50日連続投稿します

ノアノア空間工房の大塚です。

2年前に連続投稿のイベントを勝手にやったことがあるのですが
久しぶりに自分イベントを開催してみたいと思います。

今回はなんと50日の連投です。

メインは『家』についてですが、

家づくりを成功させるコツや暮らしのアイディアなど皆さんが楽しめるコンテンツを
載せていきたいと思います。

これから楽しみにしていて下さい。

ノアノア空間工房
大塚泰子

*『小さな家のつくり方』第3刷、増刷決定!
大塚泰子著『小さな家のつくり方』(草思社)はAmazonでご購入できます。
↓↓↓

*無料相談やっております。家のこと敷地のことなどお気軽にどうぞ。
ノアノア空間工房の無料相談はこちらから
↓↓↓

by noanoa_labo | 2018-10-22 10:06 | 小さな家を成功させる法則 | Comments(0)

渡辺篤史の建もの探訪 放映『星を待つ家』2

f0039406_21090972.jpg

こんにちは。久しぶりの投稿ですみません。

前回「星を待つ家」の1階についてご説明させていただきました。
今日は2階についてご説明していきたいと思います。
と、、、その前にご報告です。


大塚泰子著『小さな家のつくり方』(草思社)の増版が決定しました!
初版がちょうど2年前で今回増版することで世界で12000部の出版となります。
ありがとうございます!!
↓↓↓

まだの方は是非お手にとって小さな家の魅力を感じて欲しいと思います。


それでは本題の「星を待つ家」の2階のご説明をしていきます。

「星を待つ家」は1,2階合わせて床面積87㎡。
この面積が小さいのか大きいのか、、、
いったい標準面積っていくつなのだろう、、、
とわからなくなっているのですが、
今まで小さな家を設計し、お住まいになられた皆さんの感想は
『思っていた以上に広い!!!』というものです。

大切なのは『豊かさ』を感じられるかどうかだと思います。
こんなに小さくても住むことが可能なんだ、、、という以上にそこが大切です。

f0039406_20281171.jpg

2階は子供室(将来家族が増えることも考えて2つに分けれるようにしてあります)
寝室(ご主人)、バスルーム、サニタリー、トイレで構成されています。
階段スペースに家族のための本棚が設けてあります。
f0039406_20282191.jpg
この本棚は「星屑の本棚」と名付けているのですが、
この家を建てている時の廃材で作られているのです。
材料費はかかっておりませんが大変手間がかかり
大工さんからは笑いながらですが
「もうやめてくれ」と言われております。
別の現場で私が自分のアート作品などに使うために廃材を漁ってたりすると、
またなにか企んでるんじゃないかと大工さんびびってたりします笑

よいところは廃材を使ってecoデザインをしていること
そして愛着が生まれるということです。
この本棚にはここを通るとなにか潜在意識を刺激してくれるんじゃないか、
という本や小物がセンスよく置いてあります。


f0039406_21092936.jpg


それからご主人のための寝室があります。
こちらには景色を大きく切り取ったようなピクチャーウインドウがあります。
大人にはひとりになる時間と場所はとても大切です。
こちらの家は夫婦ともに個室を持っています。
特にご主人のお部屋は旅館のように寛ぐことができる空間を意識して設計いたしました。

f0039406_21095873.jpg
f0039406_20284372.jpg


最後にサニタリー空間です。
面積的には決して広くありませんが奥行きの浅い棚を壁面に配置し
リネンなどを置けるスペースをとりました。
オープン棚ですので使うものを厳選し、
できるだけ少なくして生活していらっしゃいます。
とてもスッキリしていて気持ちのいい空間になっています。

f0039406_20284655.jpg

屋根の形状に工夫して高さに変化をもたらせ、
それぞれの空間のつながりを保ちながら、
少し変化のある小部屋をつくり
毎日の生活に飽きのこない工夫をしています。
空間に変化があることは脳への刺激にもなります。

小さな家の魅力、少しでも伝わると嬉しいです。
いつもブログを読んでくれてありがとう。

それではまた近いうちに。



大塚泰子

*『小さな家のつくり方』第3刷、増刷決定!
大塚泰子著『小さな家のつくり方』(草思社)はAmazonでご購入できます。
↓↓↓

*無料相談やっております。家のこと敷地のことなどお気軽にどうぞ。
ノアノア空間工房の無料相談はこちらから
↓↓↓





by noanoa_labo | 2018-10-11 21:28 | 星を待つ家 | Comments(0)

鳥と一緒に食事する

f0039406_12475521.jpg


こんにちは。
もうすっかり春でこれからの季節はワクワクが止まりません。
桜が咲き始めたり、色んな場所で新芽を目にすることが多くなりました。
街でみかける人たちも着るものが身軽になり足取りも軽く表情も柔らかい。
これから新学期を迎えたり、新社会人となる皆さんにとっては尚更のこと、
新しい環境にワクワクどきどきする素敵な季節ですね。

先日アトリエのバルコニーにつがいのヒヨドリが来てくれてました。
餌を探していたようでしたがなかったのですぐに行ってしまいましたが
ほっぺの赤が可愛らしく、1分くらい観察をして楽しみました。
今度は餌を置いておこうと思いました。
樹がないと来てくれないので、どんなに小さな家でも草木が必要ではありますが、
どんな家でも鳥の餌台を設置すれば来てくれるかもしれません。

私がいま設計したいなあと思っているのは
ダイニングの窓際に餌台を設置して一緒に食事を楽しむ、という空間です。
もちろん大きな樹も必要です。
観察したり鳥と一緒に食事ができる時間や空間は豊かだと思うのです。
お金で買えない豊かな場所や時間を家づくりに取り込むことを忘れてはいけません。

確かに家をつくるにはお金がかかるのだけど
あまりモノにこだわってしまうと、「豊かさ」はいつまでたっても手に入らない気がします。
「豊かな場所をつくる」には何が大切で、何が必要か、、、

窓をあけて春の陽気を取り込んで、素敵なイメージを。

大塚泰子

著書『小さな家のつくり方』草思社
売り切れ中でしたが増刷しAmazonで購入できるようになりました。


by noanoa_labo | 2018-03-16 12:58 | デザインの泉 | Comments(0)

出版1周年『小さな家のつくり方』(草思社)

f0039406_23074506.jpg
こんにちは。
めっきり寒くなり冬の到来ももう間近ですね。
皆さん、いかがお過ごしでしょうか?

さて、私の著書『小さな家のつくり方』(草思社)を出版させていただいてからちょうど1年が経ちました。

おかげ様でたくさんの方に手にとって頂き本当にありがとうございます。
オープンハウスや無料相談時には「本を読みました~」と言ってくれる方が多くとても嬉しいです。
先程Amazonの売れ筋ランキング(住宅建築・家づくり部門)をみたところナント12位でした!
出版してから1年経っているのですが、こうしてコツコツと皆さんの手に渡っているかと思うと
なんだかジーーンときてしまいます。少しでもお役にたってくれたら本望です。

本の内容は「固定観念を外して家づくりをする」という思想と実用を交えながらまとめてあります。
固定観念を外すということに素敵な空間の秘訣が隠されていると思っているのです。
さらに感性のスパイスを少し取り入れながら設計していくといいと思います。

「小さな家」をつくればつくるほど、その魅力は増すばかり、、、
現在取り組んでいる大きい家も小さい家も、出来る限りの愛情を注ぎ込んで設計していきたいと思っています。

ブログを始めてもうすぐ12年。
訪問者10万人を突破しました!
皆さん、どうもありがとう!!!
最近はツイッターでのつぶやきが多くてここで記事を書くことが少なくなってしまいましたが
沢山お話したいときはこちらで書き込みいたしますので、気が向いたときに読んでもらえたら嬉しいです。

大塚泰子

ツイッターはこっち↓





by noanoa_labo | 2017-10-30 23:24 | 小さな家を成功させる法則 | Comments(0)

もうすぐ見学会「星を待つ家」

こんにちは。
今日は秋晴で気持ちのいい天気となりました。
さて、先日からアナウンスさせていただいております「星を待つ家」の見学会がもうすぐです。

少し家の状況をお知らせしますと 、、、

現在リビングから見える木樹はこんな感じです。

f0039406_16233206.jpg

いよいよ照明器具もセッティングされ、見学会を待つだけ、、、と言いたいところですが、
急遽、壁の仕上げが変わったりしたもので、現場は少しバタバタとしております。
玄関前の1本の樹はノアノアのみんなで植樹を明日行う予定です。

2階の寝室からのピクチャアウインドウからの景色はこんな感じ。

f0039406_16234139.jpg


外構周りの工事が少し残っている状況での見学会となりますがまだ受付可能です。
ご興味のある方は是非いらしてください。
深大寺の近くなので美味しいお蕎麦も食べてみて欲しいです。

(予約制となっておりますのでフォームよりお申込み下さい)
↓↓↓

*下記日時は比較的すいてます。
9月23日(土)16:00~、17:00~
9月24日(日)14:00~

ノアノア空間工房
大塚泰子



by noanoa_labo | 2017-09-21 16:36 | noanoa あれこれ | Comments(0)

『星を待つ家』住宅見学会のお知らせ

f0039406_23142416.jpg

★『星を待つ家』住宅見学会のお知らせ★

ノアノア空間工房では久しぶりに住宅見学会を開催致します。
約1年ぶりとなる見学会は現在建設中の小さな家『星を待つ家』です。

東京都調布市深大寺
9月23日(土)11:00~18:00
9月24日(日)11:00~18:00

お申込みフォームは後日HPにアップいたしますが
現時点でメールでのお申込みも可能です。
メールの題名に「星を待つ家見学会申し込み」と記載の上、下記をお知らせください。
後日ご住所などをお知らせいたします。
メールアドレスtokyo@noanoa.cc
①お名前 ②参加人数 ③日時 ④お電話番号 ⑤メールアドレス


★概要★
この住宅はご夫婦二人と子ども一人のご家族の為の家です。
敷地は高台にある旗竿敷地で、敷地の奥が国有林となっています。
南西に位置するこの木樹の隙間から
太陽が沈むと同時に星や月が現れるのを楽しみに暮らせる家であり、
まるで家自体が星を待っているような、、、そんな家にしたいと設計致しました。

長さ25Mほどある敷地は緩やかな傾斜がついていたので
その地形を活かし家の中で少しずつ段差をつけることでコストを抑えつつ、
変化を楽しめるような空間としました。
木樹が一面に広がるバルコニーと一体となったLDKが一番の見所ですが、
2階の寝室に設けた大きな正方形の窓は、採光を取り入れるだけのものではなく、
四季を通して変化する星や月や木樹が絵となるような額縁であるよう設計しました。
またその他にもこの家を建てる際に出た廃材を利用してつくった「星くずの本棚」や
円を描きながら流れるような星の軌跡をイメージして設計した「流れ星の階段」など、、、
工務店さんや職人さん照明作家達との連携で
小さくても輝きをまとったような家になるよう願いを込めて作られています。

ノアノア空間工房では見学会を年に1,2回しか開催しませんので、
是非この機会に多くの方にご覧いただきたいと思います。
たくさんの方のご参加をお待ちしております。

ノアノア空間工房
tokyo@noanoa.cc

大塚泰子




by noanoa_labo | 2017-08-10 23:26 | noanoa あれこれ | Comments(0)

小さな家を成功させる法則・9(最終回)

ノアノア空間工房の大塚です。

いつも読んでくれてありがとう。

今回9回目(最終回)を迎える
「小さな家を成功させる法則」
間があいてしまいスミマセン。

前回のブログでご紹介しましたが
9月から10月頃に私の小さな住宅の本が出版されます。
もうすぐ詳細について発表できると思いますが
もう少しお待ち下さい。
多くの方に小さな住宅の魅力を知って欲しいです。

今日はこちら↓
「小さな家を成功させる法則・9」

「本物の素材を使う」

これは建物の大小に関わらず
大切なこと

このモノの質感がいいと
空間が一層魅力的になります。
小さな住宅では建材が少なくて済むわけですから
できるだけ本物を使いましょう。
小さいぶん安くなると考えず
小さいぶん高品質なものを使うと考えてください。

分かりやすく例えると
1000円のピアスを10個手に入れるより
10000円の小粒ダイヤのピアスを1個だけ選択する方が
私には魅力的に思えるんです。

「小粒だし1個だけ でも本物」
「大粒で10個しかもデザイン色々 でも偽物」

結局、家でも同じことが言えるんです。
身に着けているものや住まいはその人の哲学が反映される。

あなたが何を選択しているか
何を選択していくのか

この選択の一つ一つが
あなたを作り上げていく
そして
そうしてつくった空間に身を委ねることになるのですから
人格にもどんどん影響がでてきます。

小さな住宅のよいところは
本物を取り入れやすいことです。
間違っても「1000円のピアスを一つでお得に」とか思わないで下さい。
その考え方でつくられた狭小住宅は
じきにそのようなモノで生活空間が侵され
建物は雑に扱われメンテナンスもされず
最終的に小さいから住みにくい、と理由付けされます。
その反対に
ご予算は結構あり、つくろうと思えば広い家もつくれるのに
「家は小さくていいんです」
というお客様がたまにいらっしゃいます。
なんて豊かな人だろうと思います。

小さな住宅は
小粒のダイヤモンドなんだ
と思って家づくりをしてください。
可愛らしくて
それでも堂々とした輝きをもつ小さな家を。

小さな住宅は絶対に素敵になります。

はい、今日はここまで。

今回は最終回でした。
毎日毎日書きたいこと沢山あるのに
時間がとれずにすみません。
でもできるだけ多く更新していきたいと思います。

次回はオープンハウスのお知らせです。
そちらもお楽しみに。

大塚泰子


家づくり無料相談はこちらからどうぞ


ノアノア空間工房
03 6434 7401
tokyo@noanoa.cc

こちらもたまに書くよ、最近かいてないけど。



by noanoa_labo | 2016-08-05 15:48 | 小さな家を成功させる法則 | Comments(0)

小さな家を成功させる法則・8

ノアノア空間工房の大塚です。

ご報告です。
3年前から構成を練っていた小さな家の本がまとまりつつまります。
出版される日が近くなってきました。
今は内容について見直している段階です。

目からウロコ的な内容や
忘れていた大切なこと
そんなことを読んでいる人たちにじんわり伝えることができたら素敵です。
がんばります。楽しみにしてて下さい。

さてさて

引き続き

小さな家を成功させる法則について
9の法則をお伝えしていきます。


今日はこちら↓
「小さな家を成功させる法則・8」

「自然と友達になる」

敷地が小さい、
建てられる面積が少ない、
といった条件が目の前に立ちふさがると
どうしても数字や効率的なことばかりに意識がいってしまいます。

でもね
忘れないで下さい。
あなたが家をつくろうと思ったきっかけは
家において自然との関わりをもっと持ちたいと思ったからではないでしょうか?

例えば
照明をつけなくても1日過ごせるリビング
そよ風を感じながらうたた寝できる和室
さらさらと音を立てている樹のある庭
流れる雲やお月様の見える天窓


実はこれらを叶えたいから家を建てよう!となるのです。
広さや間取りだけに気持ちがフォーカスされがちですが、
このことを思い出して色々なことを選択して下さいね。



小さくても誇りを持って住まえる家の条件とは
「自然とのかかわり合いを楽しめる住宅であること」
なのです。

小さな住宅は絶対に素敵になります。

はい、今日はここまで。

次回は最終回ですね。
いつも読んでくれてありがとう。

大塚泰子


家づくり無料相談はこちらからどうぞ


ノアノア空間工房
03 6434 7401
tokyo@noanoa.cc

こちらもたまに書くよ、最近かいてないけど。












by noanoa_labo | 2016-06-11 20:28 | 小さな家を成功させる法則 | Comments(0)

小さな家を成功させる法則・7

ノアノア空間工房の大塚です。

お待たせしました!
久しぶりのエントリーですみません。

引き続き

小さな家を成功させる法則について
9の法則をお伝えしていきます。


今日はこちら↓
「小さな家を成功させる法則・7」

「薄く高性能の材料を使え」

小さな住宅においては
わずか1センチでも無駄にできないわけで
「壁は薄くしたい」
「天井の厚みを抑えたい」
という切実な願いがあります。

そこで注目株の3つの資材をお教えしましょう。


①外壁
断熱材の入った薄くてメンテナンスをあまり考えなくていい素材
よく使っております。

それはこちら↓

ガルスパン(アイジー工業)
http://www.igkogyo.co.jp/syohin/siding/sd_lineup/sd_allitem/jgs4.htm


もう、20年位お世話になっています。。。
昨年は素敵な賞までいただくほど
愛用させていただいております。。。
以前務めていた時の事務所時代から
「困ったときのガルスパン」という合言葉がありました。

どういう商品かと言いますと
断熱材が裏打ちされたガルバリウム鋼板
要するに
薄くて高性能、メンテナンスいらない
という一石三鳥的な素材なのです。

f0039406_23332265.jpg
↑「N House」では木ルーバーと合わせてデザインしています。
http://www.noanoa.cc/works/2012/10/nhouse.html



②天井材(構造材)
ダブルシールドパネル
http://www.mhc.co.jp/products/dsp.html

どういう商品かと言いますと
断熱材が構造材(広葉樹木質チップ)にサンドイッチされたもの
要するに
薄くて高性能仕上げもそのまま使えて工期も短縮できる
という一石三鳥的な構造材なのです。



f0039406_23351446.jpg
↑「公園の家」の天井に使っています。
http://www.noanoa.cc/works/2015/06/post-25.html



③床材
無垢ボード(中国木材株式会社)
http://www.chugokumokuzai.co.jp/products/products8/products8-2.html

床そのものが構造材になるので
法規制で高さが厳しい時に重宝します。
しかも無垢材です。
最近ロフトの床材に構造を兼ねて使ったりしています。
(写真がまだありませんでした。すみません。
うさぎの家11で使ってます。)


是非ご参考にして小さな家を成功させて下さい。

はい、今日はここまで。
次回はできるだけ早めにUPしたいと思います。ホント。

いつも読んでくれてありがとう。

大塚泰子


家づくり無料相談はこちらからどうぞ


ノアノア空間工房
03 6434 7401
tokyo@noanoa.cc

こちらもたまに書くよ


by noanoa_labo | 2016-05-24 23:46 | 小さな家を成功させる法則 | Comments(0)

建築家大塚泰子の建築・家・暮らし・アート のこと


by noanoa_labo
プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る