タグ:バルコニー ( 2 ) タグの人気記事

22日目 バルコニーとリビングⅢ WEB家づくりセミナー

50日の連続投稿に挑戦中の建築家大塚です。


22日目 バルコニーとリビングⅢ WEB家づくりセミナー




f0039406_14265842.jpg



今日も引き続きバルコニーとリビングの繋がりについてです。

バルコニーは「アウトドアリビング」や「アウトドアダイニング」として使えるようにすると外部空間が活きてきます。実は外部空間だけでなく同時にリビング空間も活きてくるのです。リビングにとってはバルコニーがくっつくことで広く感じられる効果があるという意味です。でもバルコニーを繋げるだけで活きたリビングや活きたバルコニーが完成するわけではありません。


それは『外部からの視線を遮る』ということをしないと「プライベートで使えない」ということです。

もちろんその地域や環境によって『外部からの視線を遮る』ことを必要としないこともあるとは思いますが、都心にせよ郊外にせよ密集型住宅街ですとそこはしっかり検討しなくてはなりません。家というのはあくまでもその家族の安らぐ場所であり、個人のものであり、街の一部であるということです。



f0039406_14271327.jpg



私は少し費用がかかってもプライバシーはしっかり確保する空間だと思いますし、街にとっても少し貢献できる家というのが素敵だと思います。

ひと目を気にしないでパジャマのままでバルコニーにでれたり、すっぴんでもOKな室内空間、バルコニー空間をつくりつつ、街にとって閉鎖的ではない、という家が理想だと思います。昔、私のお客様で「バルコニーの青空の下でアイロンをかけることが夢でした」といって本当にその夢を叶えた方もいらっしゃいます!想像しただけでとても素敵です。アイロンをかけてるのが丸見えではちょっと恥ずかしさもありますがほんの少し見える位はとてもいいのではないでしょうか。

街の人にもそこに住む人がどんな方達なのか興味がうまれ、コミュニケーションの第1歩につながります。


具体的に隣地境界、道路境界線にどのような目隠し塀にするか、デザインはとっても大切です。

自分たちだけのスペースを考えるだけでなく、街に閉鎖的にならないようにすることも配慮してデザインしてくださいね。

今日はここまでです。


読んでくれてありがとう。
明日もここでお会いできたら嬉しいです。



by noanoa_labo | 2018-11-12 20:56 | 小さな家を成功させる法則 | Comments(0)

21日目 バルコニーとリビングⅡ WEB家づくりセミナー

50日間の連続投稿している建築家の大塚泰子です。

さて今日も天気がよく外でごはんを食べたくなるので引き続きバルコニーについてお話したいと思います。


21日目 バルコニーとリビングⅡ


今日はバルコニーの床材についてお話したいと思います。

小さな家のバルコニーの床材を考える場合、部屋との連続性を考えます。

お部屋がフローリングであれば木製デッキ、タイルであれば同じタイル、モルタルであればモルタルです。床が同素材でつながるとどこまでが室内なのかわからなくなるといった錯覚を利用するのです。小さな家の場合はこれが有効にきいて居る場所は小さくても広がりを感じられて十分豊かな空間が得られるのです。でもつながるLDKが広い場合は別の材料を選んでもいいと思います。



f0039406_14280880.jpg
↑室内のフローリングとでデッキはこんな風につなげると気持ちよく使えます。




f0039406_11110901.jpg
↑室内はフローリングでバルコニーがタイル


木製デッキはできるだけ天然素材を使い素足でも気持ちよく歩いたり自然の風合いを楽しむことができます。ただ、経年劣化はしてきますのでこまめに塗装をするなどのメンテナンスが必要です。外部木製デッキにはキシラデコールという塗料がおすすめです。少し薬剤が強いのであくまでも外部でご使用下さい。タイルは色が豊富なので家の雰囲気に合わせやすくメンテナンスが楽です。目地が傷んではきますがタイルそのものはかなり永く使えます。



f0039406_09570926.jpg

↑モルタル床を玄関とつなげて

モルタルはグレー色ですが色を塗ることは可能です。(色落ちしやすいですが)目地がないのでやはりメンテナンスは楽です。

ひび割れをしやすい素材ですがそういう自然発生するものをおおらかに家に取りこむことができれば安価に済むことができます。


大切なことはバルコニーだけを考えるのではなく、家全体の雰囲気やバルコニーとつながる部屋のことも考えてチョイスしていきましょう。

家と外をつなぐ大切な場所です。素敵なバルコニーが暮らしの一部になるようにデザインすることが重要です。


今日はここまでです。


読んでくれてありがとう。
明日もここでお会いできたら嬉しいです。



by noanoa_labo | 2018-11-11 11:25 | 小さな家を成功させる法則 | Comments(0)

建築家大塚泰子の建築・家・暮らし・アート のこと


by noanoa_labo
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る