タグ:デザイン ( 6 ) タグの人気記事

25日目 家が影響を及ぼすこと『感性』 WEB家づくりセミナー

50日間 連続投稿している建築家の大塚泰子です。

一昨日から「家が影響を及ぼすこと」『健康』『精神』と説明してきましたが今日は『感性』についてお話したいと思います。


25日目 家が影響を及ぼすこと『感性』 WEB家づくりセミナー


f0039406_19341947.jpg
↑火のある暮らし『絵本のいえ』



『感性を育む』とか『感性を磨く』とか言いますが、そもそも感性とは何でしょう。
ウィキペディアでは「人間の持つ知覚的能力のひとつ」とありますが、私の解釈でいうと、ある事象に接したときに、その人オリジナルの感じ方、をいうのかなと思います。感じたままを言葉で表現したり、あるいは言葉ではないかたち(音楽や絵、踊りなど)で表現ができることが感性だと思います。独創的な思考を表現できることです。また、相手の思うことを感じ取ったり、場の雰囲気をよむことも感性です。それらが全て個性となりその人の財産となるわけです。

感性はあくまでも自分の感じ方なので、みんな違くて当たり前。逆に他の人にない感性を持つということも、未来の可能性のために求められています。日本ではまだ叩かれることが多いですが欧米では違うことを求められる教育で、、、って、、、、話がそれましたが、ITで優れた人間が作れる時代になりましたが、『感性』をつくることはほぼ不可能でしょう。『感性』は人間の宝といっていいのです。

さて、なぜ家が『感性』に影響を及ぼすのか、、、

f0039406_19352735.jpg


感性は深く観察し、深く思考し、行動すること から生まれます。

小さな変化に気づくこと。いつもと同じような1日でも過去の一日とは全く違うものを感じとり、それがどんな感じなのかをじっくり考える時間と場所が人間には必要なのです。私がどんなに小さな家にも1本大きな樹を植えるのも、住まい手に毎日の暮らしの中に美しさやこころの動きなどを見つけて欲しいからなのです。ようするにポエジィは暮らしの中にあり、普通の暮らしの中にポエジィが潜んでいる、ということであり、それが美しかったり、楽しいことだったり、ワクワクすることだったり、美味しいことだったり、、、感じ取る力はほとんど家の中で磨くことができます。社会は自分以外の要因が複雑に絡むので純粋に感性が育まれるか、というと、そうとは限りません。環境だったり接する場所や人で大きく変わってしまいます。家の空間は自分たちでデザインできるのですから、良い感性にするという方向性はつくることができます。それらは自然から得られるものが大きいです。

光、影、風、土、火、水、樹、、、

家に自然を取り入れることの重要性は「健康」のためだけではないことはお分かりいただけると思います。


f0039406_19412931.jpg
↑大きな樹のある暮らし『花畑の家』


家にオリジナル性があればあるほど、色々な気づきがあったり、別の視点からどんな感じなのかをみることができる、ということは特別な感性を育てるベースになると思います。新しい発想、新しい生き方、新しい表現方法、、、それらは感性の影響が大きい。枠を超えた新しい住まい方も視野に入れ、何一つ同じ人はいない、という考えのもとに、自分たちらしい家をみつけて欲しいと思います。家をもっと自分たちらしくアレンジして感性を磨いていきましょう。


f0039406_19331543.jpg
家はもっと自由でいい『絵本のいえ』


少しでもお役にたてるコンテンツを提供できればと思います。家を通してひとりでも多くの人たちに健康で幸せな暮らしをして欲しいなと思います。

読んでくれてありがとう。
明日もここでお会いできたら嬉しいです。



by noanoa_labo | 2018-11-15 19:58 | 小さな家を成功させる法則 | Comments(0)

未明01展のご案内

f0039406_17253747.jpg


こんにちは。
大塚泰子/ノアノア空間工房からのお知らせです。


 2017330日から新刊する『未明』(定期的に刊行)<ポエジィとアートを連絡する叢書>を記念して『未明01展』が開催されます。

様々な世界でご活躍されている方が寄稿しておりますが、今回私は「あたらしい空白」~待つ人のための玄関~を設計し、企画展ではその原寸模型やイメージ図などで表現しています。


 私は建築設計とりわけ住宅設計を主に活動しておりますが、

無味無臭的に大量生産される住宅によって生み出された住宅常識に

少しテコ入れをするようなこと、

例えば「固定概念をはずしながら詩的空間を取り入れる」といったことに取り組んでまいりました。

今回のこの企画は私にとって初めての挑戦(空想の世界)ではあるものの、

住宅常識の見直しと家に詩的空間をどのように取り入れるかということに、

「実際につくれる」ということを前提として取り組んでいます。

空想のクライアントへの空間づくりではありますが

みなさまにとっても家を「ポエジィの詰まった箱」という認識のきっかけになると嬉しいです。

ご興味のある方は企画展へ足をお運びいただけると光栄です。


 贈答品等のお気遣いは不要ですので気楽に見てください。

また、『未明』(未明編集室)は310日から会場で先行販売されますので

お手にとっていただけると嬉しいです。


詳しくはTwitterにて。

大塚泰子@noanoadreams


『未明01展』 

会期  37日(火)~320日(月) 12002100 (水曜日定休日)

場所  書店『 Title 』 http://www.title-books.com/

JR荻窪駅から徒歩10分

東京都杉並区桃井1-5-2  TEL 03-6884-2894

※来場する際は念のためTitleHPをご覧いただきご確認下さい。


by noanoa_labo | 2017-03-07 17:31 | noanoa あれこれ | Comments(0)

オープンハウス&建もの探訪 ありがとうございました!

f0039406_21250227.jpg

ノアノア空間工房の大塚です。
先週の土日は「MIMOSA House」の
オープンハウスでした。
前日まで外構の工事が終わってなくて
どうなることかと思いましたが
無事に開催することができました。

晴れたり曇ったりたまに雨ふったり、、、
まあまあなお天気でしたが
雨女の私としては
万々歳なお天気なのでした!

遠方から来て下さった方も多くいらして
とても嬉しかったです。
ありがとうございました!


f0039406_21245643.jpg

そして来てくださった皆さんの感想は
「この開放感、すてき~」とか
「間取りがよく考えられてる~」とか
「バスルームが気持ちよさそう」とか
「オリジナルキッチン使い良さそう」とか
「勾配天井のデザインがいい」とか
「外壁の赤い色が素敵」とか、、、
もう本当に嬉しいお言葉を
たっくさん頂きました。

こういう客観的な感想が
今後の設計活動に
大きく影響するんです。

多少大げさに
褒めて褒めて褒めちぎっていただけると
ノアノアは大きく成長するタイプでございます。

もう反省する点は
自分逹で嫌となるくらい把握しているので
完成直後はアメのほうで
OKです。

そう、アメと言えば、、、
渡辺篤史の建もの探訪での
渡辺さん!!
気持ちのいいくらい
褒めていただき、
本当に感謝します。
実は朝から涙しました
(本当に単純ですね~)
最後のコメントを聞いてて、

分かってくれてる
分かってくれてる
もうそれだけで涙が。

f0039406_21174173.jpg
↑白空の家で渡辺篤史さんと♥

大げさだな~と思うでしょ
でもね
このコメントは
一生懸命やってる建築家にとって
本当に嬉しいものなんです。

だから
オープンハウスにせよ、
建もの探訪にせよ、
このような機会をくださった
お施主さまや関係者の皆さんに
心から感謝しています。

もっともっと
いい住宅を作っていきたいと
思っています。
オープンハウスをさせていただいた
「MIMOSA House」のお施主Sさん、
建もの探訪に出演して下さった
「白空の家」のお施主Iさん、

本当にありがとうございました。

大塚泰子


家づくり無料相談はこちらからどうぞ


ノアノア空間工房
03 6434 7401
tokyo@noanoa.cc

こちらもたまに書くよ、最近かいてないけど。








by noanoa_labo | 2016-09-08 21:40 | noanoa あれこれ | Comments(0)

ガラスブロックでつくるデザイン壁

f0039406_20422944.jpg

残り10回となりました。
ブログ1ヶ月連投宣言したノアノア空間工房の大塚です。

今日は天気もよく雲ひとつない青空、爽やかな優しい風、春はもうすぐですね。

四季の中で一番好きな季節。
じっと我慢してた植物達が
いっせいに輝き始める
そんな季節です。

f0039406_21150892.jpg




さて、今回はガラスブロックの目隠し塀についてです。

私の設計ではプライバシーを守るための塀をよく作りますが、
その材料として「ガラスブロック」を使います。

ガラスブロックには色々な種類がありますが、
その中でも私は「たまゆら」という種類をよく使います。
表面がゆらゆらしていて光を通すとガラスブロック自体に表情が生まれ、
陰もゆらゆらと水面のような印象を与え、実に水々しいのです。



f0039406_21150092.jpg


春から初夏にかけて芽吹き始める樹があれば、さらに気持ちのいい空間が生まれます。

プライバシーを守りつつ、
光を通し、
表情が豊か

まさに一石三鳥、いやもっとかな?の代物です。
ガラスブロックの壁はデザインしないと、ただ並べただけになってしまいます。
その壁に必要なことを考え、色々と工夫を凝らすと素敵な目隠し壁になりますよ。
環境やライフスタイルを吟味して、壁を作ってください。美しい壁、重要です。

デザインされたガラスブロック壁で、
オンリーワンの住まいづくりを応援します。

大塚泰子

http://www.noanoa.cc
ノアノア空間工房
tokyo@noanoa.cc
03 6434 7401

↓こちらにも色々書いてます

All About Profile

オウチーノ









by noanoa_labo | 2016-02-18 21:32 | デザインの泉 | Comments(0)

フォスター+パートナーズ展

ブログ1ヶ月間の続投宣言した
ノアノア空間工房の大塚です。


良い習慣を身につけよう、というところからスタートしたこの企画。
カウントダウン13回になりました。
実験的にやっているので、習慣化されているようならその後も頻繁にUPされますし、
習慣化されていないようなら、今度は「3ヶ月続投宣言」とか企画しないとダメなのでしょうね。


それにしてもこうして続けているとネタっていくらでもあるんだな~ということ。
でも少しでも皆さんにお役に立てるものがいいなと思っているので
何かネタのリクエストがあればお知らせ下さいね。

それでは今日も楽しいブログスタート!



f0039406_14042151.jpg


f0039406_14042319.jpg



昨日、ノーマン・フォスターの展覧会最終日ということで慌てて行って参りました。

内容はフォスターの思想とその仕事についての展示でした。
驚いたのは大きな都市計画や月面住居など構想がダイナミックなのですが、
スケール感がわかりやすい小さなも物件もあり、1/25スケールの模型等もあったことです。
私達がよく作る模型は1/50なので、凄いリアル。とても良かったです。 



f0039406_14171843.jpg




f0039406_14031121.jpg



「建築とは価値観の表現である」 ノーマン・フォスター

と言っているように、建築というのはそこに何を大切にするのか、ということが表現されるべきだし
私は逆に表現されてしまう、ということを感じました。

私は住宅も同じことが言えると思います。

「住宅は住む人の価値観の表現である」

やっぱり住宅には住まい手の価値観が表現されるべきだと思う。
というより自ずと表現されていますよね。
例えばハウスメーカーに頼んだ家、工務店に頼んだ家、建築家に頼んだ家、、、、
いずれにせよ、その住まい手の価値観が家には表現されていると思うのです。
どれが悪い良いではなく、
自分はこの家とどんな暮らしをしたいのか、
どんな家に住みたいのかという問いは
家を建てる前に考えて欲しいと思う。
予算が苦しい時ほど、自分の価値観がはっきり出るものです。

自分が最終的に何を優先するのか、、、、

改めて家も建築も都市計画も同じように、
使い手の価値観を表現するものと捉えて
設計するべきだと思った展覧会でした。

大塚泰子

ノアノア空間工房
03 6434 7401
tokyo@noanoa.cc


↓こちらにも書いてます










by noanoa_labo | 2016-02-15 14:26 | マイブーム | Comments(0)

デザイン建具

ブログ1ヶ月間続投宣言した
「笑う門には福来たる」実行委員会会長ノアノア空間工房の大塚です。

残り15回となりましたこの企画も、折り返し地点となりました。
いつもお付き合いいただきありがとうございます。


f0039406_11531323.jpg


さて今回は「デザイン建具」についてです。

こちらの建具は勿論私のオリジナルデザインですが、
「機能」と「美しさ」と「遊び心」を意識したデザインです。

玄関の扉をあけるとまずこの建具が目に飛び込みます。
印象に残る扉だからこそ、この家の中はどんな造りになっているのか、ここに住む方がどんなセンスの方達なのか
ゲストはさらに気になるはずです。
興味を持ってくれるっていうのはとても嬉しいことだし、もっと素敵になりたいと思いますよね。

建具に張っているのは、麻です。下地に穴をくり抜き、麻を貼ると丸のところだけ透けて
あっち側がチラ見できます。人間はチラ見に弱い動物です。どうしても向こう側気になってしまいます。
そうです、そんな時はもったいぶらず、「どうぞ中へ」とお誘い下さいね。そんな家人は素敵なのです。

こんな風に家の中のところどころに遊び心を散りばめておくと
毎日の生活そのものが楽しくなってきます。
すると、知らず知らずのうちに笑顔が増えて

「笑う角には福来たる」なおうちになるわけです。
どうやったら、住まい手もゲストも笑顔が増えるか、、、、
こういうことを、私、真剣に考えていて、こういう考える機会をいただけるってことで
私もとても笑顔が増えるのです。感謝につきます。

もっともっと元気のでる住まいづくりをしていきたいと思います!

大塚泰子

ノアノア空間工房
tokyo@noanoa.cc

↓こちらにも色々書いてます








by noanoa_labo | 2016-02-12 12:05 | デザインの泉 | Comments(0)

建築家大塚泰子の建築・家・暮らし・アート のこと


by noanoa_labo
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る