タグ:キッチン ( 4 ) タグの人気記事

19日目 キッチンの床材 WEB家づくりセミナー

50日間の連続投稿中の大塚です。
お話したいことが沢山あってこれから続く投稿もワクワクしています。みなさんに有意義な情報を拾っていただければ嬉しいです。

19日目 キッチンの床材 

今日は、水はねを避けられないキッチンの床についてどんなチョイスがあるかご紹介したいと思います。


f0039406_09505467.jpg



小さな家などの場合、LDKをつなげてできるだけ広くみせたい場合、同じ素材でつくるといいのですが、どうしても床への水はねが気になります。ということで最近はキッチンのところだけタイルを貼ることが多くなりました。タイルなら多少濡れたままにしていても傷むことはありませんし汚れも目立ちません。
モルタルは撥水剤をちゃんと塗れば目地もないので更にお掃除が楽ではあります。施工的には隣接する床がフローリングの場合はタイル仕上げのほうがいいこともあります。一般的なモルタルは厚さ30mm位必要でひび割れが入ることを前提にそれも楽しめる人だけチョイスしましょう。(これが味でもあり私は好きです)


f0039406_09562365.jpg

タイルの場合は8mm前後なのでフローリングと同じ高さで調整がしやすいのです。それからクッションフロアやPタイルという素材もあります。これはマンションやアパートなどでよく張っているのをみかけますが、ビニール系のシートで様々なプリントがされています。こちらも水に強いのですが、10年位するとちょっと剥がれてきたり汚れがなんとなく寂しい感じになってきます。(人工的だからでそうか?)


f0039406_09561281.jpg





f0039406_09430007.jpg



最近はベルギー製モールテックスという薄塗りでモルタル仕上げに近い表情になるものなども出てきて、デザインの幅が広がり益々楽しい空間づくりができるようになってきました。水はねの問題を楽しく解決して素敵なキッチン空間を作っていきたいですね。モールテックスはリフォームにもグッドですよ。

今日はここまでです。


読んでくれてありがとう。
明日もここでお会いできたら嬉しいです。


☆おかげ様で15周年☆


by noanoa_labo | 2018-11-09 13:58 | 小さな家を成功させる法則 | Comments(0)

18日目 テンションあがるキッチン WEB家づくりセミナー

50日連続投稿を挑戦している建築家の大塚です。


18日目 「テンションあがるキッチン」についてお話したいと思います。


f0039406_20080246.jpg
↑中庭をみながらお料理できるキッチン


沢山のディテールが集約されているのがキッチンといってもいいでしょう。キッチンは料理の作りやすさをサポートするため台の高さから道具、調味料、小物のいれる場所、冷蔵庫や電子レンジ、トースター、炊飯ジャー、ジューサーパン焼き機など、、、家電も様々なものが集まっています。スペースとしては4.5畳くらいにこれらを配置することが多く、正直これができるかできないかで、料理時のテンションの上がり方が変わってきます。それとキッチンの見た目も美しく掃除がしやすいなど、レベルの高い要求です。



f0039406_19591398.jpg
↑キッチンまわりには吊戸をつけずサイドにたっぷり収納をつけました



でもそれはとてもいいことだと思います。

なぜならキッチンは料理をつくるためのアトリエだからです。お料理をつくるというのは沢山の行程があります。冷蔵庫から食料を取り出し洗って切ってざるにあげ、お鍋を取り出し、火をかけ水や油、調味料を用意し、火にかけたりします。そうしている間に洗わなくてはならない調理道具や食器がでてきて、さらにゴミもでてきます。こんなにすごいことを毎日毎日短時間、わずか4畳ほどのスペースでこなす人たちは「手に技をもっている」と言っても過言ではありません。これを何十年も渡って楽しんでいらっしゃる方にお会いすると尊敬してしまいます。お料理をする、ということは、不揃いの道具たちをきちんとしまい、食器を取り出したり片付けたり洗ったりする行為も含まれます。普通のことのように思えますがすごいことなのです。



f0039406_19554595.jpg
↑直接テラスに出れるので育てたハーブを摘んですぐにお料理できます


キッチンが美しいとテンションもあがり、お料理が義務的にやる家事とは思えなくなります。それは「モノづくり」に似ています。食べる人の笑顔をみたかったり、美味しい!と言われたくてお料理に夢中になります。それが家には必要だと思うのです。お仕事をしていて毎日のお料理が難しいという人でも週末のお料理を楽しむ、朝ごはんを楽しむという考え方も私は好きです(わたしはこのタイプです)。週末や朝だけは家族全員が集まって楽しい食事をする、というのも多いケースでしょう。どちらにせよ、テンション上がるキッチンで「しなきゃいけない家事」という枠から抜け出して、笑顔をつくる趣味としてのお料理を楽しみたいですね。


f0039406_20021383.jpg
↑壁面収納に電子レンジやオーブンをすっきり埋め込むアイランドキッチン






f0039406_19570348.jpg
↑梁やアクセントカラーでリビングと一体化させてカフェのように見せるキッチン


あ~、全然はなしきれない、、、キッチン奥が深すぎて楽しい。


今日はここまでです。


読んでくれてありがとう。
明日もここでお会いできたら嬉しいです。


☆おかげ様で15周年☆


by noanoa_labo | 2018-11-08 20:19 | 小さな家を成功させる法則 | Comments(0)

17日目 理想のキッチンをつくろう WEB家づくりセミナー

17日目 使い込むキッチン WEB家づくりセミナー


今日はキッチンについて。理想的な動線計画でもキッチンについて少し触れましたが、今日からはキッチンの収納や大きさ、形状、仕様の違う様々なキッチンをご紹介していきたいと思います。あなたにピッタリなキッチンを見つけてもらえたら嬉しいです。


キッチンはメーカーから出ている既成品を入れる場合とオリジナルデザインで制作する場合があります。わたしの設計する家では殆どが制作ですが、ご予算の関係や既成品でも気に入ったものがあれば既成品をいれる場合もあります。オリジナルデザインのキッチンを今日からご紹介したいと思います。


先日もご紹介しましたがコンクリートでつくるキッチンカウンターは重厚で素朴な感じになります。こちらはパンも手作りでつくりたいということで大理石を一部埋め込みました。複雑につくれないのでシンプルな設計に。



f0039406_10001795.jpg
↑コンクリートの天板。窓のまえに白い大理石埋め込んでいます。



下記の写真は16日目「理想的な家事動線」でもお話した横つながりのキッチン・ダイニングの例です。下の写真のようにテーブルと同じ素材で天板に木板をつかったキッチンの例ですがこんな感じに一体につくることもできます。汚れを気にされる方も多くいますが、数年後に拝見させていただいて確認していますがきれいなままでした。例え少し汚れてもそれは「使いこなしている」証拠なので気にしないで使い込むことで魅力が増すような気がします。



f0039406_09474042.jpg

↑テーブルと揃えると広々としたイメージになります。

IHコンロなので高さも揃えることができてお掃除もしやすいです。



今日はここまでです。


読んでくれてありがとう。
明日もここでお会いできたら嬉しいです。

ノアノア空間工房
大塚泰子

☆おかげ様で15周年☆

*『小さな家のつくり方』第3刷、増刷決定!
大塚泰子著『小さな家のつくり方』(草思社)はAmazonでご購入できます。
↓↓↓

*無料相談やっております。
家のこと敷地のことなどお気軽にご相談ください。
ノアノア空間工房の無料相談はこちらから
↓↓↓

by noanoa_labo | 2018-11-07 16:10 | 小さな家を成功させる法則 | Comments(0)

F/Houseにお邪魔してきました

ノアノア空間工房の大塚です。
なかなか風邪治らず、
薬が切れたので現場近くの病院からブログを書いてます。

今回風邪ひいてもうすぐ1週間になり、
2度目の病院なので、オカマのようなガラガラ声で
「薬、強いの下さい、強いの」と強調していってみました。

先生、期待してます。


さて、先日F/Houseにご訪問させていただきました。

f0039406_18521105.jpeg




音楽関係のご友人と、
何と!O3Houseのオーナーが集まりました。
お話が本当に楽しくて、ずっと笑いっぱなしでした。

そして、このお料理!
全てFさんの奥様の手料理ですが、とっても美味しかったです。
私、どれもつくれない、、、です。

料理対決したら間違いなく完敗です。


f0039406_18515593.jpeg

f0039406_18524248.jpeg

f0039406_18525852.jpeg

f0039406_18531219.jpeg



デザートまで素敵すぎますぅ
銀色の粒々が振りかけてあり、ときめいてしまいました。

お料理も想像力なのです。
いい空間で美味しい料理、最高です。

O3HouseのオーナーOさんもお料理が上手なので、
今度はO3Houseでやろう、と約束してきました。

ノアノアのお客様同士の繋がりができると、
ほんと運命共同体だなあ、と嬉しくなります。
お客様同士で情報交換できるとよりリアルな家づくりができますしね。

ノアノアの輪がどんどん繋がって、
ノアノアお家カフェ食べ歩きイベント、やりたいな~

大塚泰子

03 6434 7401


by noanoa_labo | 2016-02-24 21:54 | F/House | Comments(0)

建築家大塚泰子の建築・家・暮らし・アート のこと


by noanoa_labo
プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る