48日目 リノベーションで新世界をつくる WEB家づくりセミナー

こんにちは。建築家の大塚泰子です。

48日目 リノベーションで新世界をつくる WEB家づくりセミナー


今日はリノベーションについてです。

新築はできないけどリノベーションならできるかも。とお考えのかたへ是非参考にしていただければと思います。
わたしのところにいらっしゃるお客様の中には古くなったのでリノベーションを、というかたは勿論多くいらっしゃるのですが、建ててから10年位しか経っていないかたもいらっしゃいます。間取りの悪さ、ワクワクのない家、なんかどんよりしてる、、、私からすると空間による拷問としかいいようがないです。空間による拷問というのはとてもたちが悪く、徐々にその結果が体や考え方、毎日の幸福感にあらわれてきます。真綿で首を絞めるような感じ。最もたちが悪いのは空間は目に見えないので空間のせいとは思わないということです。素材が古くなると目に見えることなのでわかるのですが、空間が悪いということはなかなか認識できないのです。慣れることはよいことですが、我慢に慣れてはいけません。

もし、使いづらい、なんか落ちつかない、なんか気分が落ちる、家にいると疲れる、、、など思い当れば家のこと空間のことを考えてみて下さい。家で人生まで変わってしまうのでまずは家と自分があっているかどうかよく考えていくことが大切です。何が好きなところで何が嫌なところなのか紙に書くとそれだけでもすっきりしますので、是非試してみてください。


f0039406_22121557.jpg
↑室内干しができるスペースとすりガラスで分けています。


本題に入ります。リノベーションの良さは住み慣れた場所はそのままにガラッとイメージチェンジできるところです。場所はきにいっているのだけど空間がもう使えない、、、という方におすすめです。リノベーションの考え方は全く新しい世界観をつくることです。それがリフォームとの違いです。リフォームは古くなったものを修繕してもとに戻す、という考えですが、リノベーションはこの新しい世界観をつくるというところが素晴らしいのです。


f0039406_22120456.jpg
↑天井を一部こわして螺旋階段をつけました。

リノベーションして御住まいになられている方も新築のお客様も同じようにワクワクの日々を過ごせることを目標にすると暮らしはもっと豊かになると思います。

新しい世界観をつくるためには大胆な改造が必要だったりします。特に階段部分は上下階をつなぐ空間ですので重要です。それと外部空間とのつながり方もリノベーションでもよく考えて設計しましょう。構造が絡むので少し難しいですが、壁を壊して光が入った空間を手に入れたときの感動はすごいです。真っ暗なお部屋があれば小さな窓をつけるだけで空間が生き返ります。

それと室内干しのスペースも確保するといいです。リビングに干している方が意外と多くいらっしゃるので、まずはそれを改善するだけでも新世界誕生します( ´∀` ) 
リノベーションも無理であればちょっとした工夫で改善できること探して見てください。ドラム式洗濯機にするだけでも室内干しがなくなりますからね。家がこころに影響することがあるということだけでも覚えておいてください。

今日はここまでです。
いつも読んでくれてありがとう。
明日もまたここでお会いできたら嬉しいです。

Good Day☆☆★



☆おかげ様で15周年☆



f0039406_20412096.jpg

↓↓↓



*無料相談やっております。
家のこと敷地のことなどお気軽にご相談ください。
ノアノア空間工房の無料相談はこちらから
↓↓↓

# by noanoa_labo | 2018-12-08 10:17 | 小さな家を成功させる法則 | Comments(0)

建築家大塚泰子の建築・家・暮らし・アート のこと


by noanoa_labo
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る