f0039406_23142416.jpg

★『星を待つ家』住宅見学会のお知らせ★

ノアノア空間工房では久しぶりに住宅見学会を開催致します。
約1年ぶりとなる見学会は現在建設中の小さな家『星を待つ家』です。

東京都調布市深大寺
9月23日(土)11:00~18:00
9月24日(日)11:00~18:00

お申込みフォームは後日HPにアップいたしますが
現時点でメールでのお申込みも可能です。
メールの題名に「星を待つ家見学会申し込み」と記載の上、下記をお知らせください。
後日ご住所などをお知らせいたします。
メールアドレスtokyo@noanoa.cc
①お名前 ②参加人数 ③日時 ④お電話番号 ⑤メールアドレス


★概要★
この住宅はご夫婦二人と子ども一人のご家族の為の家です。
敷地は高台にある旗竿敷地で、敷地の奥が国有林となっています。
南西に位置するこの木樹の隙間から
太陽が沈むと同時に星や月が現れるのを楽しみに暮らせる家であり、
まるで家自体が星を待っているような、、、そんな家にしたいと設計致しました。

長さ25Mほどある敷地は緩やかな傾斜がついていたので
その地形を活かし家の中で少しずつ段差をつけることでコストを抑えつつ、
変化を楽しめるような空間としました。
木樹が一面に広がるバルコニーと一体となったLDKが一番の見所ですが、
2階の寝室に設けた大きな正方形の窓は、採光を取り入れるだけのものではなく、
四季を通して変化する星や月や木樹が絵となるような額縁であるよう設計しました。
またその他にもこの家を建てる際に出た廃材を利用してつくった「星くずの本棚」や
円を描きながら流れるような星の軌跡をイメージして設計した「流れ星の階段」など、、、
工務店さんや職人さん照明作家達との連携で
小さくても輝きをまとったような家になるよう願いを込めて作られています。

ノアノア空間工房では見学会を年に1,2回しか開催しませんので、
是非この機会に多くの方にご覧いただきたいと思います。
たくさんの方のご参加をお待ちしております。

ノアノア空間工房
tokyo@noanoa.cc

大塚泰子




# by noanoa_labo | 2017-08-10 23:26 | noanoa あれこれ | Comments(0)

スタッフ募集

こんにちは。

この度ノアノア空間工房ではスタッフ募集いたします。

今回はスタッフ1名とアルバイト1名の募集です。

久しぶりの募集となりますのでこの機会に是非ご応募ください。


★建築が好きな方(経験者歓迎)

★ノアノア空間工房の建築が好きな方

★元気で協調性のある方

★大卒者、大学院卒者 建築系専門学校卒

★年齢30歳以下(要相談)
★明るく元気で自分の仕事に責任を持って取り組める人


お仕事について

1つの物件に私とスタッフ1名で取り組む体制でお仕事を進めますので

担当物件に密度濃く関わることが出来ます。

ノアノア空間工房では生活者の目線で設計することを優先させており、

多くの時間を過ごすアトリエ内での暮らしを大切にすることは、デザイン上での気づきにつながると考えます。

仕事は設計だけではなく、お茶入れることや掃除や庭のお手入れ、子ども相手や植物・猫の世話などがあったり

みんなで料理をつくって団欒しながら食べたりすることも大切なことと思っています。


★応募方法★

メールか郵送で下記の内容を手書きで書いた履歴書をお送り下さい。

書類審査の上、ご面談させていただきます。


氏名(ふりがな)/顔写真/生年月日/年齢/現住所
連絡先(自宅・携帯・メールアドレス)/学歴/職歴(勤務年数)
使用できるソフト/保有資格/自己PR/入社希望理由
担当物件 / ポートフォリオ(あればでOK)


メールアドレス(大塚宛でお願いします)
tokyo@noanoa.cc



http://www.noanoa.cc
106-0032
東京都港区六本木7-17-22 秀和六本木レジデンス701
有限会社ノアノア空間工房 

TEL 03-6434-7401




# by noanoa_labo | 2017-06-02 08:13 | noanoa あれこれ | Comments(0)

未明01展のご案内

f0039406_17253747.jpg


こんにちは。
大塚泰子/ノアノア空間工房からのお知らせです。


 2017330日から新刊する『未明』(定期的に刊行)<ポエジィとアートを連絡する叢書>を記念して『未明01展』が開催されます。

様々な世界でご活躍されている方が寄稿しておりますが、今回私は「あたらしい空白」~待つ人のための玄関~を設計し、企画展ではその原寸模型やイメージ図などで表現しています。


 私は建築設計とりわけ住宅設計を主に活動しておりますが、

無味無臭的に大量生産される住宅によって生み出された住宅常識に

少しテコ入れをするようなこと、

例えば「固定概念をはずしながら詩的空間を取り入れる」といったことに取り組んでまいりました。

今回のこの企画は私にとって初めての挑戦(空想の世界)ではあるものの、

住宅常識の見直しと家に詩的空間をどのように取り入れるかということに、

「実際につくれる」ということを前提として取り組んでいます。

空想のクライアントへの空間づくりではありますが

みなさまにとっても家を「ポエジィの詰まった箱」という認識のきっかけになると嬉しいです。

ご興味のある方は企画展へ足をお運びいただけると光栄です。


 贈答品等のお気遣いは不要ですので気楽に見てください。

また、『未明』(未明編集室)は310日から会場で先行販売されますので

お手にとっていただけると嬉しいです。


詳しくはTwitterにて。

大塚泰子@noanoadreams


『未明01展』 

会期  37日(火)~320日(月) 12002100 (水曜日定休日)

場所  書店『 Title 』 http://www.title-books.com/

JR荻窪駅から徒歩10分

東京都杉並区桃井1-5-2  TEL 03-6884-2894

※来場する際は念のためTitleHPをご覧いただきご確認下さい。


# by noanoa_labo | 2017-03-07 17:31 | noanoa あれこれ | Comments(0)

f0039406_15552855.jpg

ノアノア空間工房の大塚です。

昨日告知していた↓↓

JAPANTEX2016インテリアトークセッション 「子どもが健やかに育つ空間づくりとは?」

が予定通り行われましたのでご報告です。

あ、まだJAPANTEX2016は開催中です。

インテリアや建築にご興味ある方は是非行ってみて下さい。



f0039406_18203455.jpg

f0039406_15550918.jpg



今回、トップバッターのトークセッションだったので

どれ位の方がきてくれるのだろうか、会場はどんな感じなんだろうか、と

考えればきりがないほど心配事がありまして、、、

それよりも、私が話すときにとんでもないことを言ってしまったら、、、とか

言いたい言葉が咄嗟に出なかったら、、、とかね。


でもパネラーのお二人の素晴らしいフォローとアドリブで

楽しいトークセッションになりました。笑いもありで、私はとても楽しかったです。

f0039406_15560856.jpg

↑子ども施設設計のプロ日比野さん

f0039406_15560568.jpg
↑カーペットのプロ堀田さん



なんと120人の方々が来てくれたとのことで、本当によかったです。

傍聴して下さった皆様、本当にありがとうございました。


今回は「安全」「健康」「気持ちがいい」という切り口でした。

住宅は永く過ごす場所ですから特に考えなくてはならないテーマですが、

最終的にはデザインやコンセプトがよくないと

カーペットの普及にはなかなかつながらない、、、ということ。

堀田さんいわく、「住宅に取り入れられてる割合は0.2%を0.6%にするということは

できるんじゃないか、、、カーペットの良さをもっと知って欲しい」というようなことを最後にお話されていて

確かに、もっとカーペットの特性を専門家は知り、使うべき場所には使う必要があるのでは?と思いました。

0.2⇒0.6 を目指して頑張ろう!


カーペットについては先日のブログにも書いた通りなので

そちらを見て下さいね。

↓↓↓

大塚泰子



家づくり無料相談はこちらからどうぞ

無料相談やってます



http://www.noanoa.cc

ノアノア空間工房

03 6434 7401

tokyo@noanoa.cc

Facebook


こちらもたまに書くよ、最近かいてないけど。

All About Profile

オウチーノ







# by noanoa_labo | 2016-10-27 18:21 | Comments(0)
f0039406_23011957.jpg
こんにちは。
ノアノア空間工房の大塚です。
いつも読んでくれてありがとうございます。

本日はトークセッションのご案内です。
写真ぼやけててすみません。




子どもの安全と健康をテーマに
カーペットの可能性を探る
トークセッションです!

日時:2016年10月26日(水)
11:00~12:00

場所:東京ビックサイト
(東4ホール ステージA)
 国際インテリア見本市
「第35回ジャパンテックス2016」

パネラー:
日比野設計 日比野拓さん
カーペットルーム 堀田将矢さん
ノアノア空間工房 大塚泰子←わたしね

世界でも注目を浴びている
幼児施設設計のスペシャリスト日比野設計の日比野さんと

カーペットをこよなく愛し、カーペットのことなら一晩、、、
いやいや三日三晩語れるカーペットのスペシャリストカーペットルームの堀田さんと

つたない私の3人による

トークセッション。

あ、一応ですね~
「SUUMO 9月号よい子に育つ間取り」
で作品が紹介された、、、と
パネラー紹介をしてくれているので、
今回は一応、
よい子に育つ間取りスペシャリスト
としておきます。(偉そうにすみません)

私は別として、
このお二人はお話がとても上手で
引き出しをたくさん持っていますから
すごく面白くなると思います。

今回のこの企画、
私たち3人でどんな話が飛び交うのか
私自身も楽しみです。

ですが、
場所が東京ビックサイトというだけで
ノミのような心臓がばっくんばっくんな状態になってしまうんじゃないかと心配しているのでした。


さて、
今回の企画は、カーペットという材質の正しい知識と魅力を広く知ってもらうことを目的としています。
皆さん、カーペットのことあまりいいイメージないですよね。

私もそうでした。

新築住宅においてカーペットを敷く割合は0.2%。
この数字が不人気を物語っています。

しかしこのカーペット、
実はいいところが沢山あるんです。

例えば
1,騒音を出さない、伝えない
2,すべり指数が小さい(滑りにくい)
3,衝撃吸収性が高い(転んだときの安全性)
4,ハウスダスト舞い上がり抑制効果が高い(なんと!フローリングの1/10)
等々、他にも沢山あります。

高級ホテルなどはロビーから客室にいたるまで
絨毯を敷いているのも納得ですよね。

こういう特徴を知識として正しく持っていないと材料の選択を間違えてしまいます。
私は子どもやお年寄りのいる住宅では採用を検討するのもいいと思っています。

過去に設計した住宅ではリビングに窪みをつけそのエリアに絨毯を敷きました。
住まわれてから感想を聞いたところ「すごくいい、正解だった」と言われましたし、
カフェでも床座のできる窪みのエリアに絨毯を敷いたところそのエリアが一番人気でした。


f0039406_22124142.jpg

f0039406_22124505.jpg

またもともと階段に絨毯を巻き込んでいらしたお客様は
リフォームの際、やはり絨毯を巻き込むことを希望されていました。
すごく安全ですし柔らかくて優しいんですよね~
これもお薦めです。

床はフローリング!と決めつける前に
もう一度カーペットの選択があることを思い出して欲しいと思います。

、、、ということで
「子どもが健やかに育つ空間づくりとは?」について
子どもの安全と健康に果たすカーペットの役割をテーマに
その道のプロフェッショナル3人がトークセッションいたしますので
ご興味のある方は是非いらして下さい。

他にもインテリアに関係する興味深い展示が見れますよ~



トークセッションが終わった夜のビールを想像している大塚泰子でした。

失敗しない家づくり無料相談はこちらからどうぞ

建築家大塚泰子の本が出版されました。
草思社「小さな家のつくり方」

ノアノア空間工房
03 6434 7401
tokyo@noanoa.cc


こちらもたまに書くよ、最近かいてないけど。



# by noanoa_labo | 2016-10-18 23:25 | noanoa あれこれ | Comments(0)

ノアノア空間工房のメインスタッフ「こやす」。建築法令集を枕にして寝る


by noanoa_labo
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30