<   2018年 10月 ( 12 )   > この月の画像一覧

10日目 玄関にワークスーペース WEB家づくりセミナー

50日連続投稿チャレンジ中の建築家大塚です。

今日は昨日の「固定概念を外す家づくり」の続きで、玄関にワークスペースをつくった例をひとつご紹介したいと思います。
こちらの住宅は奥様がフリーのイラストレーターでお子様がいらっしゃる関係もあり、自宅でPCワークをしたいというご要望でした。
敷地も小さくワークスペースの部屋としてはとることは難しかったのですが、どうにかしてワークスペースをつくらないといけないとき思いついたのは玄関にワークスペースを兼ねるというアイデアです。


f0039406_16023115.jpg


玄関は家から社会、プライバシーからコミュニティーへと切り替わる空間でもあります。そういった空間にワークスペースを兼ねることができれば、頭の切り替えもいい感じでできますし、ちょっとした仕事の打合せは、この広い玄関、ワークスペースでできてしまいます。


これをヒントにちょっとしたアトリエをこの土間空間に活かせたら通行人も楽しいし、家とアトリエと地域がつながって街全体が楽しくなるんじゃないかなと思います。
アンティークソファとか置いてもグッドです。週末だけ地域にオープンするギャラリーにしたり、もちろん家族だけのギャラリーとしたり、、、考えるとホント楽しくなりますね。玄関は自分たちの世界観を出しやすい場所、もっともっと楽しくつくっていきましょう。




f0039406_16025168.jpg
↑アトリエの奥の寝室も同じタイルで続いています。
ちなみにバスルームも1Fだからホテルライクな空間になりました。


今日は
「玄関にワークスペースをつくる」でした。家をもっと楽しみましょう!

最後まで読んでくれてありがとう。
明日もまたここでお会いできたら嬉しいです。


☆おかげ様で15周年☆
ノアノア空間工房
大塚泰子

*『小さな家のつくり方』第3刷、増刷決定!
大塚泰子著『小さな家のつくり方』(草思社)はAmazonでご購入できます。
↓↓↓

*無料相談やっております。
家のこと敷地のことなどお気軽にご相談ください。
ノアノア空間工房の無料相談はこちらから
↓↓↓

by noanoa_labo | 2018-10-31 16:11 | 小さな家を成功させる法則 | Comments(0)

9日目 固定概念を外す家づくり WEB家づくりセミナー

ノアノア空間工房 建築家の大塚です。

敷地も決まり、家づくりマインドになったら楽しく設計に入りましょう。

9日目の今日のテーマは
『固定概念をはずして考える』です。

固定概念をはずしていくには、ひとつひとつの部位(部屋や空間)を
改めてその使われ方、用途を考えて思い描かなくてはなりません。

例えば玄関を考えてみましょう。

くつをぬぐ
外部へでかけるときの出口
家へ入る時の入口
訪ねてきた人とちょっと立ち話するところ(完全に室内へはあがらせたくはない)
宅配便をうけとるところ
見送りをするところ

これをリビングとくっつけることはできないだろうか?
階段室とくっつけることはできないだろうか?

まずアイディアを出してみます。
そしてそれができるかもしれない、と思ったら
そのために必要なデザインを考えていけばいいのです。

f0039406_21372695.jpg
↑玄関とリビングとテラスをつなげ開放感をつくる



固定概念を外すことでアイディが生まれます。

理想の住まいが浮かび上がってきます。
ワクワクする空間が生まれる瞬間です。

いつも読んでくれてありがとう。
また明日もここでお会いできたら嬉しいです。

☆おかげ様で15周年☆
ノアノア空間工房
大塚泰子

*『小さな家のつくり方』第3刷、増刷決定!
大塚泰子著『小さな家のつくり方』(草思社)はAmazonでご購入できます。
↓↓↓

*無料相談やっております。
家のこと敷地のことなどお気軽にご相談ください。
ノアノア空間工房の無料相談はこちらから
↓↓↓

by noanoa_labo | 2018-10-30 22:15 | 小さな家を成功させる法則 | Comments(0)

8日目 家づくりマインドⅢ(家はモノではない)WEB家づくりセミナー

50日連続投稿してる建築家の大塚です。

昨日の続きです、、、

家はものではない

私は中学2年生の時に自宅が火事になり、残った物は学生カバンと学生服だけでした。
幸いにも家族と飼っていた犬は全員無事でした。

火事以来、わたしの「家」についての思考が始まりました。
そこにあって当り前の家を失って初めてその存在を知ったのです。

家はなくても家族は変わらずにいることが不思議でした。
今でもよく思い出すのは、家の各部屋の雰囲気、各所の素材やディテール、そこでの家族とのショートストーリーです。家という「もの」はなくなってしまったのですが、今でもわたしの記憶にはしっかり「家」が染み込んでいます。

家族全員が割と前向きであったことも関係するかもしれませんが、父に関しては「家を建てようじゃないか。」と半年後くらいから隣地への計画が表明されたくらいでした。
また、そんな時に塾の先生から貰ったヘルマン・ヘッセの美しい本「蝶」が一番の宝物にぬいぐるみから書き換えられたりしました。

私が今こうして住宅設計に携わる機会をいただいて毎回作るたびに思うのは「家」についての可能性は未知数でとても魅力的なテーマだということです。家族の数だけ家があるということが、本当に素敵なことに思えます。

「家族の思い出や自分自身の感性・知性を磨くための空間、そしてこころの拠り所が家なんだろうな」

住宅の設計は空間や記憶が残る場所をデザインしていると考えられるのではないでしょうか。
そう思うと自分たちが何に重点をおいて設計する必要があるのか、
どんな家が本当にいい家といえるのか、が見えてくる気がします。
まだまだがんばっていい家を追い求めていきたいと思います。

f0039406_22331481.jpg
↑↑↑
家族のストーリーを紡ぐことをテーマに設計した『絵本のいえ』




最後まで読んでくれてありがとう。
また明日もここでお会いできたら嬉しいです。

☆おかげ様で15周年☆
ノアノア空間工房
大塚泰子

*『小さな家のつくり方』第3刷、増刷決定!
大塚泰子著『小さな家のつくり方』(草思社)はAmazonでご購入できます。
↓↓↓

*無料相談やっております。
家のこと敷地のことなどお気軽にご相談ください。
ノアノア空間工房の無料相談はこちらから
↓↓↓

by noanoa_labo | 2018-10-29 22:48 | 小さな家を成功させる法則 | Comments(0)

7日目 家づくりマインドⅡ(あなたにとって良い家って?) WEB家づくりセミナー


50日連続投稿を決めた建築家の大塚です。

読んでくださる皆さんお役にたてる情報や経験などお伝えしたく始めた企画です。

生まれたときからほぼ100%家に住んでいる皆さんにとって、いい家とはどんな家でしょうか?
広いリビングがある、メンテナンスフリー、長持ちする、機能的、収納が多い、一年中快適、、、などと同時に
わくわくする、癒やされる、楽しめる、家族の絆が深まる、おしゃれな、安全な、、など感情を伴う幸福感を家にも期待されているはずです。
そういった全てのモノや感情を紙に書き出してみて下さい。
そしてそれらを短文で表すと欲している理想の住まいのコンセプトが浮き彫りになってくるはずです。


「家が人生においてどれだけ大切か」ということを考えることはとても重要です。


私には願望があります。それは日本中の住まいがもっともっと魅力的になって、沢山の人たちが素敵な家に身を委ね、豊かな人生を送ってほしいということです。
マンションやアパートでも同じです。豊かなマインドを育むのは空間だとさえ思います。

なぜこのようなブログを書き始めたかというと、20年以上培った設計経験、家づくりのコツや良い情報、良い家の条件などを明確にお伝えし考える場を提供することで、私が直接に設計しなくとも世の中にたくさんの幸せやワクワクが増えて欲しいからです。家や空間について興味のあるかた、同業社のかた、工務店のかた、建築学生など家に関わる皆さんに参考にしてもらい、日本中、世界中に素敵な空間が増えて幸せの数が増えることが私の幸せに繋がります。

私は中学2年生の時に自宅が火事になってしまいました。学校から自宅が燃える様子をみて上履きのまま走って帰りましたが、消防活動により水浸しとなったわずかに燃え残った我が家にロープが張られ立ち入り禁止となっていて愕然としました。残った物は学生カバンと学生服だけでした。
幸いにも家族と飼っていた犬は全員無事でした。

火事以来、わたしの「家」についての思考が始まりました。
そこにあって当り前の家を失って初めてその存在を知ったのです。

続きは明日に、、、

今日はあなたにとっていい家ってどんな家かを言葉にして書いて欲しいと思います。いろいろと気づきがあるだけですばらしい一日。大切に過ごしたいですね。

明日のお話は、、、

「家」はものではない   

です。

今日も読んでくれてありがとう。また明日もここでお会い出来たらうれしいです。

☆おかげ様で15周年☆
ノアノア空間工房
大塚泰子

*『小さな家のつくり方』第3刷、増刷決定!
大塚泰子著『小さな家のつくり方』(草思社)はAmazonでご購入できます。
↓↓↓

*無料相談やっております。
家のこと敷地のことなどお気軽にご相談ください。
ノアノア空間工房の無料相談はこちらから
↓↓↓

by noanoa_labo | 2018-10-28 22:55 | 小さな家を成功させる法則 | Comments(0)

6日目 家づくりマインドⅠ WEB家づくりセミナー

ノアノア空間工房の大塚です。
突然始まった50日間連続投稿ですが今日で早くも6日目となりました。
最初は大丈夫かな、、、と緊張してましたが、
連続投稿に少し慣れてきてこれから話したいことがたくさん出てきました。

今日、書きたいことを書くというスタンスでアップしていきますので
書きたいことが脱線してしまうこともあるかもしれませんし、
文章ちょっとへん!ということもあるかもしれません。
それでもできるだけ私が思うこと感じていること考えていることをここでは書いていきたいと思います。

ということで、昨日と全然違うテーマということもあるかもしれませんが
どうぞお気軽に読んでいただけますと私も楽しく書くことができます。
どうぞよろしくお願いします。



f0039406_23412057.jpg



今日はちょっと技術よりマインドに近いところのお話しを
したいと思います。

Web家づくりセミナー 6日目
❑家づくりマインドについて

建築家は建築やデザインを通してマインドをつくっているのだと言えます。
究極にいえばセルフイメージを上げるもっとも身近で強力なツールが家です。
人生が変わってしまうほどのツールにも関わらず、「まあ、それなりに住めればいい」
という考えの方が多くいることは残念だな、、、と思うのです。
自分の居場所は自分のこころと同じで「まあ、それなりに生きれればいい」という人生につながるように思うのです。

家はこころをつくり、記憶をつくります。

家づくりはいろんな意味でチャンスです。
荷物の整理はもちろんなのですが、
新しい家族の誕生、
これからの人生へのリセット、
憧れや夢の生活へのステップアップ
趣味を広げたり、
新しいことへのチャレンジなど

家づくりは困難なことも多くありますが
それを乗り越えてまた新しいステージに上がれる、といった意味あいもあろうかと思います。

まだまだ家づくりマインドについてはお話しがつきませんが続きは今度に。



f0039406_2342957.jpg

世界でオンリーワンの素敵な家を作って欲しいと思います。

ご質問・コメントなどもお受けいたします。
家づくりのことでしたら何でも聞いて下さいね。

最後まで読んでくれてありがとう。
また明日もここでお会いできたら嬉しいです。

☆おかげ様で15周年☆
ノアノア空間工房
大塚泰子

*『小さな家のつくり方』第3刷、増刷決定!
大塚泰子著『小さな家のつくり方』(草思社)はAmazonでご購入できます。
↓↓↓

*無料相談やっております。
家のこと敷地のことなどお気軽にご相談ください。
ノアノア空間工房の無料相談はこちらから
↓↓↓

by noanoa_labo | 2018-10-27 21:55 | 小さな家を成功させる法則 | Comments(0)

5日目 インナーガレージの家Ⅱ WEB家づくりセミナ

ノアノア空間工房の大塚です。
50日間の連続投稿をしています。

Web家づくりセミナー 5日目
❑インナーガレージの家Ⅱ WEBセミナー


f0039406_11072234.jpg


昨日に引き続きインナーガレージについてです。

都内に家を建てるとき、
駐車スペースが本当に必要かよく考えてみましょう。
普通の乗用車で12㎡(3.6坪)ほど必要となります。
この面積をどう捉えるかですが、
都内の敷地200万円/坪とすると、
車一台で720万円ほど敷地費用がかかります。
毎日通勤などでご乗車される場合や
趣味にしている場合は確かに車は必要ですが
たまにしかご使用されない場合は
よく考えて選択するべきだと思います。

3.6坪あれば1部屋つくれます。
(子供部屋なら2部屋、書斎やホビールームなど)
人生において自分の居場所や時間があることは
とても大切です。

今はカーシェアなど便利なシステムもでていますし、
近くの駐車場を借りたほうがお得な場合もあります。
あまり車は乗らないな、という方は、
自宅に置く必要性、優先順位をもう一度
検討してみて下さい。


f0039406_11222141.jpg

f0039406_11103027.jpg



しかし、車のある生活は楽しく便利です。
私も車は大好きです。
車を家族の一員と感じている人も多いかと思いますが、
雨に濡れずに乗り降りできることや
車が汚れない、イタヅラされにくい、
ということがインナーガレージの人気の理由です。

小さな敷地でインナーガレージにすることが
自分たちにとって
どれくらいメリットがあることか
よくよく検討して計画していきましょう。
もしやっぱり車は必要!となれば、
小さな敷地でも工夫することで作れる可能性があります。
設計するにあたっては発想の転換が必要かもしれませんが、
夢のインナーガレージで楽しい暮らしをイメージしていきましょう。




f0039406_11251183.jpg


質問・コメントなどもお受けいたします。
家づくりのことでしたら何でも聞いて下さいね。

最後まで読んでくれてありがとう。
また明日もここでお会いできたら嬉しいです。

☆おかげ様で15周年☆
ノアノア空間工房
大塚泰子

*『小さな家のつくり方』第3刷、増刷決定!
大塚泰子著『小さな家のつくり方』(草思社)はAmazonでご購入できます。
↓↓↓

*無料相談やっております。
家のこと敷地のことなどお気軽にご相談ください。
ノアノア空間工房の無料相談はこちらから
↓↓↓







by noanoa_labo | 2018-10-26 11:35 | 小さな家を成功させる法則 | Comments(0)

4日目 インナーガレージの家 WEB家づくりセミナー



ノアノア空間工房の大塚です。
50日間の連続投稿をしていきます。

Web家づくりセミナー 4日目
❑インナーガレージの家 WEBセミナー

先日は「角地」「旗竿敷地」「変形敷地」
についてお話しました。
もちろんノーマルな敷地だと自由性も増してきます。
自由性が増すと少し欲が出てきて「車庫を家の1階へインナーガレージに、、、」という
発想が生まれることもよくあります。
(もちろん、インナーガレージが絶対条件で敷地を探すこともあります)
すると間口は「車庫+人が通れる最低の幅」となります。
車が3M、人が1M、合計4M位は欲しいところです。

この時にガレージの部分も外観の一部となりますのでしっかりデザインすることが大切です。

f0039406_18135991.jpg
f0039406_18140541.jpg
この家は車がしっかり1台停めれてぎりぎりもう1台停めれるように設計いたしました。たっぷり外部収納付きです。外部空間も手抜きせずにしっかりデザインすることが豊かな空間づくりにつながります。

ご質問・コメントなどもお受けいたします。
家づくりのことでしたら何でも聞いて下さいね。

最後まで読んでくれてありがとう。
また明日もここでお会いできたら嬉しいです。

☆おかげ様で15周年☆
ノアノア空間工房
大塚泰子

*『小さな家のつくり方』第3刷、増刷決定!
大塚泰子著『小さな家のつくり方』(草思社)はAmazonでご購入できます。
↓↓↓

*無料相談やっております。
家のこと敷地のことなどお気軽にご相談ください。
ノアノア空間工房の無料相談はこちらから
↓↓↓








by noanoa_labo | 2018-10-25 18:34 | 小さな家を成功させる法則 | Comments(0)

3日目いろんな敷地(変形敷地に建てる)WEB家づくりセミナー

50日間の連続投稿を決めたノアノア空間工房の大塚です。
今日も引き続き敷地について。

Web家づくりセミナー 3日目
❑いろんな敷地(変形敷地に建てる)

1日目は存在感の高い
「角地」について

2日目は存在感控えめな
「旗竿敷地」について

3日目の今日は個性豊かな
「変形敷地」についてです。

変形敷地にも色々ありますが、家づくり難易度の高さはその敷地の広さにも影響します。
ある程度敷地が広い場合は、ハウスメーカーなどでも対応できるかもしれませんが、
小さな敷地の場合は完全にフリープランをおすすめします。
その土地の個性をプランニングに活かせるのは自由設計だけです。
しかもこういう難易度の高い敷地に建てる場合は経験とセンスが必要です。



下の写真の住宅は単身者のお住まいですが、
55㎡(16.6坪)の敷地に延べ床面積60㎡の家を建てました。
今年の夏には「居心地よく快適に暮らしています」とお便りをいただきました。

f0039406_12024222.jpg
f0039406_12455117.jpg
f0039406_12023722.jpg



狭小・変形・角地、道路斜線に北側斜線といった
高さ制限も厳しいような敷地が都心には多く存在します。
こういった条件をクリアしていくには、
固定概念を外して家づくりを考えていく必要があります。
そうしてできた家は少し変わった形になりますが、
遊び心を取り入れながら隅々まで検討していくことで
暮らしやすい工夫が見つかったり、ワクワクな場所が生まれたりします。
壁と壁が直角に交わらない空間をうまくつくると光と影の見え方が変わってくるので
美しい壁面を作ったり壁の見え方に変化が生まれてとても居心地のいい空間になったりします。



工事中の写真ですみません、、、
でも外形だけでもお分かりいただけるかな

f0039406_12024639.jpg

f0039406_12025967.jpg

f0039406_12025320.jpg


狭小・変形・角地それに加えて傾斜地・崖地。
更に難易度の高い敷地でした。
こちらも建物の外側にある塀をしっかりデザインし、
敷地全体を家のようにみせてスッキリさせています。

家や敷地の間違った思い込みを外して
世界でオンリーワンの家を作って欲しいと思います。

ご質問・コメントなどもお受けいたします。
家づくりのことでしたら何でも聞いて下さいね。

最後まで読んでくれてありがとう。
また明日もここでお会いできたら嬉しいです。

☆おかげ様で15周年☆
ノアノア空間工房
大塚泰子

*『小さな家のつくり方』第3刷、増刷決定!
大塚泰子著『小さな家のつくり方』(草思社)はAmazonでご購入できます。
↓↓↓

*無料相談やっております。
家のこと敷地のことなどお気軽にご相談ください。
ノアノア空間工房の無料相談はこちらから
↓↓↓

by noanoa_labo | 2018-10-24 13:08 | 小さな家を成功させる法則 | Comments(0)

2日目いろんな敷地(旗竿敷地に建てる)WEB家づくりセミナー

50日間の連続投稿を決めたノアノア空間工房の大塚です。

Web家づくりセミナー 2日目
❑いろんな敷地(旗竿敷地に建てる)

引き続き今日も敷地について。

1日目は存在感の高い
「角地」について説明しました。

今日は対照的に存在感控えめな
「旗竿敷地」についてお話します。


f0039406_12074102.jpg

分譲敷地などをみると
少しお安い価格で販売されている「旗竿敷地」。
たいてい細い小路の奥に
まとまった敷地があり、
ほぼ隣地の建物に
3方向囲まれています。

道路に面しているのは約2.5M位。

車がやっと停められる幅です。
角地に比べると存在感も控えめで、
家があることすら
気付かれていないこともよくあります。

f0039406_12160278.jpg

敷地というものは面白いものでそれぞれに個性があります。
旗竿敷地も個性のひとつ。落ち込む必要はありません。
テクニックに関しては
その細い通路のようなところをセンスよくデザインしていくことです。
ここも家の一部として予算をとっておきましょう。

広い通りから見える家の面積は少なかったり
ほとんど見えなくても、
こころ惹きつける
素敵な小道を作りましょう。

道行く人は立ち止まり
その道の奥に見えるものを眺めます。

小道の奥にどんな家があり、

どんな人が住んでいるんだろう、

という期待感が生まれるのです。

そう、その期待感こそが、旗竿敷地のいいところなのです。

細道の奥に家の明かりが灯っていたり、
大きな木が見えたり、
おしゃれな門扉があったりすると、
ちらっとみえるだけえでも、
素敵さが倍増します。

控えめでありながらも
確かな空気感が漂うはずです。


f0039406_12161326.jpg




方位のことはあまり気にしないで、
敷地のコストパフォーマンスに注視するべきだと思います。
明るい家は家づくりのテクニックで手に入りますので、
ここでは方位のことはあまり気にしないでよいと思います。
光を取り込むテクニックについては
今後のブログでお伝えしていきますね。


家があることをさりげなくアピールするデザイン表札
f0039406_12161624.jpg

家や敷地の間違った思い込み、
どんどん外していきたいと思います。

ご質問・コメントなどもお受けいたします。
家づくりのことでしたら何でも聞いて下さいね。

最後まで読んでくれてありがとう。
また明日もここでお会いできたら嬉しいです。

☆おかげ様で15周年☆
ノアノア空間工房
大塚泰子

*『小さな家のつくり方』第3刷、増刷決定!
大塚泰子著『小さな家のつくり方』(草思社)はAmazonでご購入できます。
↓↓↓

*無料相談やっております。家のこと敷地のことなどお気軽にどうぞ。
ノアノア空間工房の無料相談はこちらから
↓↓↓

by noanoa_labo | 2018-10-23 12:31 | 小さな家を成功させる法則 | Comments(0)

1日目いろんな敷地(角地に建てる)WEB家づくりセミナー

50日間の連続投稿を決めたノアノア空間工房の大塚です。
今日から楽しくブログをアップしていこうと思います。
ご質問なども受け付けます。
家づくりのことでしたら何でも聞いて下さいね。

Web家づくりセミナー1日目
❑いろんな敷地(角地に建てる)

f0039406_23010764.jpg




f0039406_23030820.jpg
建物を建てるためには当たり前ですが敷地が必要です。
絵で例えるならキャンバスです。
新築であればその敷地形状そのものがキャンバスとなりますが、
リフォームの場合はキャンバスに既に絵が描いてある状態で
それを消したり付け加えていくイメージです。

敷地を選ぶポイントをよく聞かれますが
まず一番大切なのはその環境を気に入るかどうかです。
その場所そのものが好きかどうか。です。
そして法規制、敷地の形状や大きさなど検討項目は沢山あるのですが、
敷地の形状「角地」についてお話したいと思います。

角地は日当たりもいいし、その街のシンボル的な存在。
しかし、角は隅切りといって1M分の三角形ところは建てられず、
建てられるところが少なくなります。
そのかわり建築面積が10%アップします。
建築面積60%のところが70%まで建てられる、という感じですがどちらが得かというと小さな敷地ほどお得になります。

日当たりも良さそうで目立ってカッコいい建物が建ちそうですが、実は角地の設計は意外と難しいんです。
プライバシー確保や外部配管の見せ方、窓やドアのデザインバランスなど気をつけるところが沢山あるからです。それとアプローチの方向も人通り、交通量など考慮しながら決めなくてはいけません。

f0039406_22534806.jpg

しかし角地に素敵な建物を建てることは、街に貢献してることにもなります。いろいろな角度からの魅せ方もしっかり検討してデザインすることが重要です。
「この街にいい住宅を…」というその住まい手の思いが道行く人に伝わるのは、とても豊かなことだと思うのです。貢献は豊かさです。

はい、今日はここまで。*ギリ間にあってよかった

最後まで読んでくれてありがとう。
また明日もここでお会いできたら嬉しいです。

ノアノア空間工房
大塚泰子

*『小さな家のつくり方』第3刷、増刷決定!
大塚泰子著『小さな家のつくり方』(草思社)はAmazonでご購入できます。
↓↓↓

*無料相談やっております。家のこと敷地のことなどお気軽にどうぞ。
ノアノア空間工房の無料相談はこちらから
↓↓↓

by noanoa_labo | 2018-10-22 23:42 | 小さな家を成功させる法則 | Comments(0)

建築家大塚泰子の建築・家・暮らし・アート のこと


by noanoa_labo
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る