16日目 理想的な家事導線Ⅳ WEB家づくりセミナー

16日目 理想的な家事導線Ⅳ WEB家づくりセミナー


今日は雨となりましたね。私の事務所は古いマンションをリノベーションしてアトリエにしています。

古いマンションやビルは窓などの気密性防音性が悪く、夏暑く冬寒いといった具合なのですが、

そのために聞こえる雨音やその湿度や気温を楽しめるのはいいことでもあります。

どんな建築も住宅も最終的には自分のイメージ次第で良くも悪くもなっていきます。モノのせいにしないで日ごろの自分づくりも大切かなと思います。


さて、今日も引き続き家事導線についてです。キッチンとダイニングテーブルの関係性についてお話したいと思います。


f0039406_13104139.jpg



キッチンとダイニングテーブルはできるだけ近いほうがいいのですが、最近人気があるのはアイランドのキッチンにつながるテーブルです。

家の形(正方形や長方形)にもよりますが、キッチンとダイニングが横長につながっていくと断然家事がしやすいのです。

またダイニングテーブルは食事するだけでなく、ノートPCで作業したり子供の宿題や本を読む場所だったりと幅広く活用し、

そこでのコミュニケーションはとても大切です。対面キッチンもとてもいいのですが、キッチンとダイニングを横につなげるように配列することで

配膳したり片付けたりといった家事はとてもスムーズなので、小さなお子様がいらっしゃる場合は特にこの「横つながり」は機能的です。

ただ、絶対にそうしないと駄目というわけではありません。(←これ重要です。)その家のプロポーション、ライフスタイルによっても柔軟に考えてご検討くださいね。家づくりに「こうじゃなきゃいけない」というルールをはずしていきましょう。



f0039406_09432451.jpg


今日はここまでです。


読んでくれてありがとう。
明日もここでお会いできたら嬉しいです。

ノアノア空間工房
大塚泰子

☆おかげ様で15周年☆

*『小さな家のつくり方』第3刷、増刷決定!
大塚泰子著『小さな家のつくり方』(草思社)はAmazonでご購入できます。
↓↓↓

*無料相談やっております。
家のこと敷地のことなどお気軽にご相談ください。
ノアノア空間工房の無料相談はこちらから
↓↓↓

by noanoa_labo | 2018-11-06 17:38 | 小さな家を成功させる法則 | Comments(0)

建築家大塚泰子の建築・家・暮らし・アート のこと


by noanoa_labo
プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る