小さな家を成功させる法則・4

ノアノア空間工房の大塚です。

小さな家を成功させる法則について
9の法則をお伝えしています。

今日はこちら↓
「小さな家を成功させる法則・4」

「初対面する壁を意識せよ」

今回は小さな住宅だけでなく
どんな建築もどんな住宅にとっても
とても大切なことをお伝えします。

まず「初対面する壁」
って何かというと、、、

例えば
玄関扉を開けた時に見える壁
廊下を曲がった時に見える壁
部屋の扉を開けた時に見える壁

のことです。

壁といっても
窓越しの壁の場合もあります。


こういったアクションを起こした時に
一番真っ先に目に飛び込んでくる壁を
どのようにデザインするかで
その空間のイメージが
だいぶ変わります。


f0039406_16480304.jpg
↑M/House
http://www.noanoa.cc/works/2010/03/post-3.html


玄関扉をあけると
ピンクの壁が
目に飛び込んできます。


f0039406_16481323.jpg
↑O3House
http://www.noanoa.cc/works/2013/06/o3house.html

トイレの扉をあけると赤い壁と個性的なタイルが目に入ります。


f0039406_16481728.jpg
↑小さな住宅ではないですが、白空の家
http://www.noanoa.cc/works/2016/01/post-21.html


玄関あけると
個性的なデザイン建具(にじり口)が目に入ります。



f0039406_16475814.jpg
↑小うさぎの家


キッチンに立つと
一発目に目に入るのが
窓越しの
木製ルーバー+樹


それから
その壁ができるだ遠いところにあればあるほど
遠近感が生まれ空間が広く、長く感じます。
視線が遠いところまで通ると
小さな空間でも圧迫感がなくなる、抜け感がでる
ということなのです。

f0039406_18275563.jpg
↑うさぎの家・8
http://www.noanoa.cc/works/2011/02/post-14.html


玄関開けると10M以上ある永い通路の先の硝子ドア。
途中に光のリングをつけて
空間のデコレーションをするテクニック


f0039406_18283034.jpg
↑「豊作の家」
ガレージからの入り口戸をあけると
視線の先には
窓越しの木製ルーバー+樹


ポイントをまとめると初対面する壁の作り方
「いかに美しい壁をつくるか」
「いかに遠いところに壁をつくるか」
です。

小さな住宅では
アクション起こした時に
最初に向けられる「視線」を
意識して設計することが大切です。
是非ご参考にして小さな家を成功させて下さい。

はい、今日はここまで。

いつも読んでくれてありがとう。

大塚泰子


家づくり無料相談はこちらからどうぞ


ノアノア空間工房
03 6434 7401
tokyo@noanoa.cc

こちらもたまに書くよ



by noanoa_labo | 2016-03-16 18:57 | 小さな家を成功させる法則 | Comments(0)

ノアノア空間工房のメインスタッフ「こやす」。建築法令集を枕にして寝る


by noanoa_labo
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30