2畳のお部屋

こんにちは。ノアノア空間工房の大塚です。
ブログ、続いてます。正直私なりに努力してます。
3日坊主で終わることが多い私ですが、宣言することでこんなに意識がわかるものなのですね。
新しい発見です。ブログの継続はまだ3日なので、これからだろ!と思われるかもしれませんが、
オウチーノやオールアバウトの記事を入れるとちょうど1周間になるのです。


f0039406_11041983.jpg



先日写真の整理をしていたらこんなものが出てきました。
6歳から引っ越すまでの4年間通ったピアノ教室の出席表です。
先生がバッハのような髪型で中年、耳から毛が生えてて、、、、
マンツーマンということもあり、
6歳の女子からしたら「ちょっとな~」と。
殆ど休んでいないのは、このシールが欲しいというヨコシマな思いからでした。
理由はともあれ習慣化するためにはどんな方法でもいいから
楽しみを見つけるということをしないといけないですね。

子供の時はこんなにがんばってたんだあ、、、と思ってしまいました。
息子が5歳になったら見せてやろ。

あ、ちなみによく見ると、「8月分月謝4400円が未納になっています」と注意を受けてますね。
まさかこんなカタチで暴かれるとは、母も思ってもみなかったことでしょう。
私も気をつけないと、、、と思うのでした。

f0039406_10411198.jpg


さて、今日の本題は「小さなお部屋のある暮らし」です。
写真は「小うさぎの家」の2畳のお部屋です。
よく見ると畳3帖分ありそうに見えますが実際は2畳なのです。

1畳分の押入れの下に畳を敷きこんでいます。
そうすることで3畳に見えるということ。
これは結構使えるテクニックなのです。

3畳あればお布団を敷くこともできますし、
畳の場合は床座をするため目線が下にきて広く感じるのです。

スペース2帖分が3帖分の効果を発揮するというわけです。

このスペースには贅沢にも庭がついていて
更に広がりを感じることができます。
ここで晩酌、うたた寝 いいですね~

小さなスペースの魅力についてこれからもっと記事にしていきます。
楽しみにしてて下さい。

ノアノア空間工房 大塚泰子

All About Profile

オウチーノ






by noanoa_labo | 2016-02-04 11:46 | Comments(0)

建築家大塚泰子の建築・家・暮らし・アート のこと


by noanoa_labo
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る