第22回空間デザインコンペティション 優秀賞!!

f0039406_16462129.jpg
こんにちは。

今日も素晴らしい秋晴れ。気持ちがいいですね。
10月半ば、、、もうすぐ今年も終わってしまいます。
そう、ここから年明けが加速するように早いんですよね、どういう訳か。
今年を振り返るにはまだ早いですが、あと2ヶ月ちょっとありますから
悔いの残らないように1日1日を大切に過ごしたいものです。

さて、
先日「第22回空間デザインコンペティション」にて「双倉の家」が優秀賞を授賞いたしました。
2年前「K/House光時間の家」で入選した時も嬉しかったですが、
今回は「優秀賞」ですから嬉しさも倍増です。
公共の建物も多く授賞している中、
私の手掛ける住宅が審査員の目にとまること自体が奇跡、
まして優秀賞という素晴らしい賞をいただけることは
これまでやってきたことの自信につながりました。

正直、コストと戦いながら、小さなところで沢山苦労しても陽の目をみない、、、といった設計をしていると
デザインすること自体に疲れてくる訳です。当然諦めたいときもあります。
でもね、このような賞をいただけると、
やっていることは無駄ではないということや、
大きな建物と対等に評価してくれるプロがいるということが分かり
「またがんばろう!!!」という気持ちになるのです。

馬場章造さんが「建築を目指す者はチャレンジし続けないといけない」というお話をしてくれました。
良い建築とはなんぞや、ということを考えることをやめてはいけない、デザインし続けよ!ということだと思います。
私が小さな住宅を生涯手掛けるためにも、とっても励みになるお言葉でした。

それから
2年前に初めてこの会場でお会いした佐藤宏尚さんも今年もまた授賞していて2年ぶりにお会いしました。
「またがんばって授賞して2年後にここで会おう」と約束しました。
建築家との繋がりができることも嬉しく、みんな本当にがんばっているんだな、と刺激になりました。

これからも、仕事があることに感謝して皆さんが幸せになるようなデザインを考えていきたいと思います。
f0039406_16483380.jpg


スタッフの胸元のハンカチーフは私のドレスの色に合わせようということになりました。
こんな風に授賞式をノアノアらしく楽しむノアノアチームなのでした。

noanoa
大塚泰子









by noanoa_labo | 2015-10-13 17:00 | noanoa あれこれ | Comments(0)

ノアノア空間工房のメインスタッフ「こやす」。建築法令集を枕にして寝る


by noanoa_labo
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30