窓から見えるモノ


f0039406_17262592.jpg
今日は、真夏日ですね。暑いです。
梅雨も明けてないのに、痛いくらいの日差し&紫外線に怯える大塚ですが
皆さん、いかがお過ごしでしょうか。

今日は文京区小石川で進んでいる物件「光遊の家」から。
こちらは鉄骨造3F建ての住宅ですが
まだ壁が立ってない状態で窓の位置を最終確認します。

この写真はキッチン正面の壁ですが、横に長い窓を切り取り、
歩道の大きな銀杏の樹が切りとられたように見える設計です。
キッチンに立った時に窓から黄色い銀杏の葉が見えるなんて素敵です。

窓には外を見せる窓と光りを取り入れるための窓、換気のための窓など
窓の役割を考えて設計します。
だからなんとなくここに付けて置く、、、ということがありません。
必ずそこに窓が必要だからつけるわけです。
大きさやガラスの種類も然り。

窓は外部と内部をつなげる大切な場所です。
よく考えて窓をつけましょう。

noanoa
yasuko ohtsuka
by noanoa_labo | 2011-06-28 17:27 | 光遊の家 | Comments(0)

建築家大塚泰子の建築・家・暮らし・アート のこと


by noanoa_labo
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る