ノアノア空間工房の大塚です。

ご報告です。
3年前から構成を練っていた小さな家の本がまとまりつつまります。
出版される日が近くなってきました。
今は内容について見直している段階です。

目からウロコ的な内容や
忘れていた大切なこと
そんなことを読んでいる人たちにじんわり伝えることができたら素敵です。
がんばります。楽しみにしてて下さい。

さてさて

引き続き

小さな家を成功させる法則について
9の法則をお伝えしていきます。


今日はこちら↓
「小さな家を成功させる法則・8」

「自然と友達になる」

敷地が小さい、
建てられる面積が少ない、
といった条件が目の前に立ちふさがると
どうしても数字や効率的なことばかりに意識がいってしまいます。

でもね
忘れないで下さい。
あなたが家をつくろうと思ったきっかけは
家において自然との関わりをもっと持ちたいと思ったからではないでしょうか?

例えば
照明をつけなくても1日過ごせるリビング
そよ風を感じながらうたた寝できる和室
さらさらと音を立てている樹のある庭
流れる雲やお月様の見える天窓


実はこれらを叶えたいから家を建てよう!となるのです。
広さや間取りだけに気持ちがフォーカスされがちですが、
このことを思い出して色々なことを選択して下さいね。



小さくても誇りを持って住まえる家の条件とは
「自然とのかかわり合いを楽しめる住宅であること」
なのです。

小さな住宅は絶対に素敵になります。

はい、今日はここまで。

次回は最終回ですね。
いつも読んでくれてありがとう。

大塚泰子


家づくり無料相談はこちらからどうぞ


ノアノア空間工房
03 6434 7401
tokyo@noanoa.cc

こちらもたまに書くよ、最近かいてないけど。












by noanoa_labo | 2016-06-11 20:28 | 小さな家を成功させる法則 | Comments(0)