f0039406_21314129.jpg

荒川区の「ステップハウス」がいよいよ完成します。
ツイッターでは少しお知らせしていましたが、
お施主様にご協力いただき、ついに!オープンハウスを行なう運びとなりました。

こちらの住宅は木造2F建て延床面積78.02㎡。小さめですが広々とした空間を感じられます。
各個室は大きな吹抜け空間を介して繋がりを持たせ、
どこにいても気配を感じることのできる住宅です。
リビングダイニングにはペレットハウスもついています。
小さなテラスもついてるよ。

見学ご希望の方はメールかお電話にて
お名前参加人数をお知らせ下さい。現地の住所をお知らせいたします。

メール tokyo@noanoa.cc
電話  03-5969-8800


ノアノア空間工房 
大塚泰子
by noanoa_labo | 2012-07-26 21:31 | noanoa あれこれ | Comments(0)

谷川俊太郎さんの朗読会

f0039406_0243527.jpg

今日は渋谷のヒカリエでナナロク社主宰の谷川俊太郎さんの朗読会がありました。
詩の朗読ばかりでなく色々なお話をしたり質問に答えたりしたりと
あっという間の2時間でした。

谷川さんの詩は、心をあったかくしたり、問題をなげかけたり、ワクワク感やどきどき感など
色々な感情を揺さぶります。
分かりやすい言葉で、みんなのわかる言葉で、こんなにも心を揺さぶることができるなんて
本当に素晴らしいな~羨ましいな~と思います。

今日の朗読会ではきっと質問コーナーがあるに違いないと思い質問を考えていきました。

谷川さんと言えば建築家「篠原一男」に住宅と別荘を設計してもらっているのですが、
その時のエピソードやどんな会話をしたか?を聞きたかったのです。
フランスの建築家ジャンヌーベルは詩人を雇っていると聞きました。
それ位、建築と詩はつながりがあるし、詩には建築を想起させる力があると思っています。

「この話したら長くなるな~」と言いながら本当に長くお話してくれました。
別荘の依頼の時は詩にして伝えたと言っていて納得しました。
そうじゃなきゃ、あんなに美しい空間は誕生しなかったでしょう。
昔見た谷川さんの別荘の写真に衝撃を受けたことを今でも鮮明に覚えています。
床が地形にそって緩やかに傾斜していて、
何とその床は室内なのに土で、馬がいる写真でした。
詩人の家というのは、やっぱり違うな~と、詩人からの依頼がきたらいいだろうな、、、と(笑)

谷川さんのお話はユーモアに飛んでいて
飾るところがなくて本当に楽しかったです。みんなにウケるのが好きと言ってました。
やっぱり人の心が動く瞬間が好きなんですね~

朗読は文字を音にして心に響かせます。
目を瞑って音に集中して想像を膨らませ、今、ここにいるという現実を感じていました。

ちゃっかり本にサインもしていただきました。
今夜は眠くなるまで詩をよんでみたいと思います。これもまた楽しみです。

ノアノア空間工房
大塚泰子
by noanoa_labo | 2012-07-07 00:29 | noanoa あれこれ | Comments(0)