<   2006年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

休憩小屋


f0039406_2144943.jpg
本日も「AMAN HOUSE」の話題です。

仕上げの段階まできているのですが
壁の感じ、いい感じでしょ。

話はかわりますが
この間、AMAN HOUSEのお施主さまから
「休憩小屋みたいですね」と言われ嬉しくなってしまう私。ダメでしょうか?
でもね、お施主さまも嬉しそうに言うんですもの。いいですよね~
「上質な休憩小屋とでもいいましょうか・・・」
一応、新築の住宅に対して敬意を払って表現してみました。

やはり私は小屋系が好きなのです。

釧路のami cafeでは「まるで牛舎小屋」と呼ばれ
AMAN HOUSEでは「まるで休憩小屋」と呼ばれ
喜ぶ私とお客様。
こんな私もどうかと思いますが、お客様もね~(笑)
類は類を呼ぶ、
ま、私達の価値観で、いいものつくりましょうよ。
by noanoa_labo | 2006-12-15 21:07 | AMAN HOUSE | Comments(0)

足場解体


f0039406_2311870.jpg
竣工を控えた「AMAN HOUSE」の足場がとれました。
私もきいてなかったので
今日現場へ行くと大工さんが
「今日足場取れたので大塚さんくるといいねと話していたところだよ」
と言ってくれてました。

早く全体像を確認したくて
養生シートをめくって見たりしてたので
足場が取れて本当に嬉しい。
板張りの色が気になって仕方なかったけど
これでやっとほっとしました。
イメージどおりです。

さて内部は?というと
工事が遅れています。
それだけ丁寧に作っていただいているのですが
ちょっと遅いです。
でも今、仕上の段階まできているので
あと少しがんばりましょう。
今がふんばりどころ。
とても楽しい現場です。
by noanoa_labo | 2006-12-07 23:02 | AMAN HOUSE | Comments(0)

組積造+木造

釧路から先程かえってきました。
さすがに釧路は寒かったです。
でも空気は澄んでいて、空は広く青い。
気持がいいものです。

久しぶりの現場は進んでいて
ブロックを一つ一つ丁寧に確実に積上げていました。
私は現代のこのスピード社会の中で
このひとつひとつ確実に・・・というところに
この組積造の魅力を感じます。
f0039406_23311456.jpg


ちょうど私が今はまっているヒト針ヒト針縫って完成させる
刺繍のような魅力があるわけです。
確かに大変な作業です。
でもその積上げるときの気持とか
手作りの感覚・・・
絶対大切なことだと思う。

そして2階部分は木造です。
木のぬくもりとブロックの対比を楽しみたいから。
構造的にも意匠的にもとても苦労した部分です。
私ひとりでのプロジェクトではなく
構造の先生や現場の職人さん、ノアノアのスタッフ、
そしてお施主さまやそのまわりの皆様
沢山の人達がプロジェクトに参加して
真剣に取り組むから良いものができるのだと思います。

前から話しているように
設計したものが出来上がっていくものを監理していると
自分の子供のような感覚が芽生えてきます。
ami cafeにも、私の子供のような感覚が芽生えはじめました。
愛おしい現場です。減額しないといけない場面で
真っ先に候補になったのが白樺の木でした。
でも植えることができて本当によかった。
建物に生命を与えてくれる大切なアイテムなのです。

と、熱い思いを語り始めると止まらないので
続きはまた今度です。

12月、ラストスパートでがんばります。
by noanoa_labo | 2006-12-05 23:33 | ami cafe in KUSHIRO | Comments(2)