ブログ1ヶ月続投宣言した
小さな家を隅々まで愛する応援団長
ノアノア空間工房の大塚です。

残る6回となったこの企画。
ここまでくると逆にプレッシャーです。
最初はどうなることかと思っていましたが
今はこのブログを書くのが本当に楽しいです。
いつも読んでくれてありがとうございます。


f0039406_19183350.jpg


今回は反響の多かった、2畳のお部屋の続編として 
「ちっさいちっさい畳部屋」について更に詳しくお話したいと思います。

ご紹介する和室のある「小うさぎの家」は、なんと延床面積58.8㎡です。
わかりますか?このちいささ。
可愛らしい親しみを感じる面積です。
この小さな家にもちゃんとフレキシブルに使える畳部屋がとれるのです。
2畳なんですけれどもね。

でもね

何とも豊かな空間なのです。


f0039406_19183487.jpg


前回ブログ記事「2畳のお部屋」でもお話したように、
2畳+収納で収納の下にも畳をひくことで3畳分のスペースが取れる。
平面でばかり検討していると、こういうアイディアは出てきません。
空間で検討して有効利用をするのです。
2畳では脚を曲げないと寝れなくても3畳あればお布団しっかり敷けます。
脚は収納の下に入れればいいじゃん。という考え方。
私はアリだと思います。だって小さいのだから工夫しないと。

それとキッチンの近くの畳部屋のいいところは
客間としても
第2のリビングとしても
子供部屋としても
病気になった時の隔離部屋(笑)としても
利用できるところです。

最高なのです。


f0039406_19183433.jpg



空間は数字では語れません。
面積や何畳、という空間の捉え方で設計してはいけないのです。
数字で設計すると小さな住宅は失敗します。

法規的に取れる床面積は決まっている。
であればボリュームで考えて空間構成を考えていきましょう。

小さな住宅をもっと楽しく!

大塚泰子


ノアノア空間工房
03 6434 7401
tokyo@noanoa.cc

こちらにもたまに書いてます

by noanoa_labo | 2016-02-23 19:31 | 小うさぎの家 | Comments(0)

完成しました

こんばんは。ノアノア空間工房の大塚です。

ツイッターを始めてから、ブログの更新がなかなかできないでいますが、
皆さんいかがお過ごしでしょうか。

毎日、目まぐるしく色々な気づきや出会い、感動、そして喜怒哀楽も味わいながら過ごしていますが、こうしてブログなどで書かないで時間に流してしまうと忘れてしまったり、感動も薄れていきます。

できるだけ、今の気持ちに素直に書くこと、それも皆さんが読んで楽しめるもの役に立つこと、ほんの少し、私が感動したことも知って欲しいという思いの内容です。

どうぞこれからもお付き合い下さい。

さて、先日、国立で進んでいた物件、「小うさぎの家」が完成しました。他にもありますが、今日は、こちらのお知らせです。

ネーミングの通り、うさぎどころではなく小うさぎというくらい小さな住宅です。ご夫婦ふたりのかわいらしい住宅です。

f0039406_23412057.jpg

f0039406_2342957.jpg



Yさん達が私の事務所に最初に訪れて来てくれたのは2年前の7月でした。まだ敷地も決まっていませんでしたが、ご予算とかどんな敷地がいいかとか、どんな住宅に住みたいかなど、色々お話をしました。ご予算が厳しかったのでついつい出てしまった私の言葉「かわいそうな土地」を探してきてください。という失言も笑ってくれて一生忘れられないエピソードです。

そして約半年後、「かわいそうな土地ではないのですが、ピンとくる敷地がみつかりました!」とご連絡があり、とんとん拍子で敷地が決まり、設計へと進みました。

最初から最後まで本当に打合せは楽しいものでした。これもYさん達のお人柄のお陰ですが、とてもいい信頼関係を築きながら家が完成していった、という感じです。小さい住宅ではありますが、設計の段階からみんなの思い出がたくさん詰まった素敵な住宅が完成しました。

f0039406_23422242.jpg



家は小さくても自分達のライフスタイルに合わせてつくることができれば必ず住み心地のいい素敵な住宅ができるのだと思います。

この家については、まだまだたくさん書きたいことがあるのですが、また次回書き込みたいと思います。

ノアノア空間工房 大塚泰子














..... Ads by Excite .....
by noanoa_labo | 2013-06-05 23:54 | 小うさぎの家 | Comments(2)